大阪-自然整体院の手首の痛みの症例

大阪堺市JR百舌鳥駅前/堺自然整体院
 手首、足首の痛み  30代男性
手首は3ヶ月前から手をつくと痛む。足首は曲げると痛む、走ると張ってくる。
足首の痛みは初回施術の場で解消。
手首は靱帯が伸びていたので自己療法を指導し、自分でしてもらう。
家族の方の話でその後は大丈夫だとのこと。
 手首の痛み  13歳男子 野球部
1週間前にバッティング練習中に手首を傷めた。手首の屈曲、伸展、回内外、どの動きも痛く、床に全く手をつけない。
手首周辺の緊張をしっかりと取り、屈伸の動作での関節軸のズレを修正するが効果が薄い。回内の動きは関節軸のズレを修正する手法をすると痛みが取れる。原因は手関節の捻れと判断する。数回手首を色んな方向に動かしながら施術をするとどの方向への動作も痛みは無くなり、手をしっかりついても痛みは出なくなった。
2回目来院時まで、何をしても痛みは出なかったのでもう大丈夫と判断。
その後、別の症状で来院するが手首は全く問題なし。
 手首の痛み  40代女性 主婦
1週間前に転んだ時に手をついた。転んだ状況は記憶に無い。それ以来どの方向に手首を動かしても痛く、顔も洗えない状況が続く。
このような症状の手首の捻挫の場合はたいてい手関節に問題があるので手関節に対する手法を行ってみるが、少し痛みが緩和するが完全に取りきれない。
試行錯誤していると、手根骨の一つが甲側にズレて痛みが出ていることに気付いた。
その骨の転位を修正する手法を行うとどの動きをしても痛みは無くなった。
痛みが戻るようなら再来院するように指導。
翌々日電話がかかってきたので、痛みが戻ったのかと思ったら、「あれから嘘みたいに痛みがなくなりました」とお礼の電話だった。
結果には個人差があります。




Valid XHTML 1.0 Transitional