堺市で整体なら、堺自然整体院。腰痛・肩こりなどの施術を行っています。

堺市で整体、腰痛・肩こり施術などをお探しなら。

ロゴ
地図

受付・住所
整体の口コミ

脊柱菅狭窄症

足の痺れと痛み:痛みを感じない生活ができる

足の痺れの整体のクチコミ

81歳 男性 堺市

症状

足の痺れと痛み

半年前から足の痺れと痛みがある。

自転車で足を伸ばして発症した。

10分歩くと痺れる。

立つ動作や座る動作で痺れる。

食べ過ぎたり便が溜まると痺れる。

腰の痛みもある。

 

病院では脊柱管狭窄症と言われた。

ブロック注射やリハビリをやったが効果が無かった。

整体の感想

来るまでは半信半疑でしたが、ひどい痛みでなんとかならないかという思いが強い状態からの訪問でした。

今は十回位通って、だんだんとましになり、ほぼ痛みを感じない生活の部分も出てきて喜んでいます。

いつかぶり返すのではと思うこともありますが、無理をせずに生活をしたいと思います。

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
腰を中心に整体をする。
この日は症状が出なかったので経過を確認してもらう。

2回目
痛みや痺れは7割になった。

3回目
痛みや痺れは2割になった。

7回目
2km歩いても大丈夫だった。

11回目
旅行に行けた。

13回目
5時間出歩いても大丈夫だった。

通院を2週間空けても大丈夫だった。

「気持ち悪いくらい痛みや痺れが無い」と嬉しいお言葉を頂きました。

ここまで回復するのに、当初は週に1~2回、改善してからは2週間に1回の通院。

期間にして4ヶ月で14回の通院になりました。

 

安定しているので今後は1ヶ月後に通院予定です。

堺自然整体院のコメント

この方はお孫さんのスポーツ障害が堺自然整体院で良くなったので、紹介で来られました。

80代という事と整形外科で脊柱管狭窄症と言われていたので、どこまで改善できるか分からない状況でのスタートでした。

脊柱管の狭窄が痛みや痺れの本当の原因なら整体の手技では絶対改善しません。

手術で脊柱管を広げるしか方法はありません。

高齢の方の痺れは骨の変形や椎間板の変性や血流などの血管トラブル等、私の手に余る原因で発症するケースがあるので、改善率は若い人よりも下がります。

実際に脊柱管狭窄症やすべり症と言われた人の中には私がいくら頑張ってもどうにもならない人もいます。

 

だからと言って整体を受ける前から諦める必要はありません。

 

MRIやレントゲン検査で異常が見つかっても、実際の症状は別の原因で起きている。
→整体で症状が改善するというケースは本当にたくさんあります。

この方も病院の判断とは違う場所に原因があり、骨盤のトラブルや腰周辺の筋肉のトラブルが痛みや痺れの原因でした。

適切な処置ができれば、高齢の方でも予想以上に回復するという良い例でした。

 

この方が良くなったらやりたい事は、「奥さんと難波で買い物をする」というものでした。

当初は10分歩くと辛くなってたのでとても難波まで行けなかったそうです。

とっても素敵な目標ですよね~!

いくつになってもこんな事が言える夫婦でありたいですね(^^)

※効果には個人差があります

脊柱菅狭窄症:普通に歩けるようになりました。

狭窄症の整体の口コミ

83歳 女性 吹田市 

症状

脊柱菅狭窄症

1ヶ月前から左のお尻から足首にかけて痛みが出ている。

家の中で歩くだけで電気が走るような強い痛みがあり、かなり歩行困難な状態。

整形外科の薬を飲んだりリハビリをしたが痛みは変わらず、ご家族の紹介で来院されました。

整体の感想

腰から足先にかけて電気が走るような痛みがあり、歩くのも大変な状態になっていたのですが、治療をしていただき、1回の治療で痛みがかなり軽減され、治療を重ねるうちに普通に歩けるようになり大変助かりました。

ありがとうございます。

施術の経過

初回
かなり痛みが強く、仰向けに寝れない状態だったので全て横向きで施術を行いました。

足を少し動かすだけでも強く痛むので、優しく丁寧に少しずつ筋肉を調整していきました。

ある程度楽になっても仰向けになると再度悪化してしまいます。

何度も調整を繰り返して、来た時よりもある程度楽になった。

2回目
「だいぶ楽になりました」
前回に比べると痛みは半分くらいになった。

4回目
「ほんと良くなりました!」
初回に比べると痛みは2~3割になりました。

その後一度痛みが出ることがありましたが、9回目の時点では、立ち上がって歩き始めに少し痛む程度で、外出もできるようになりました。

現在も通院間隔を徐々に延ばしながら通院中です。

堺自然整体院のコメント

この患者さんは、以前首の症状が堺自然整体院で良くなった息子さんの紹介で来られました。

病院では脊柱菅狭窄症と診断されてきましたが、私の所見では股関節のトラブルに見えました。

仰向けになれない部分は腰椎にも問題がありそうですが、歩く痛みは狭窄症とは思えなかったので、股関節の調整をメインに行いました。

その結果、私も驚くほど普通に歩けるようになりました。

当初は左足に体重をかけれず跛行していましたが、今では普通に歩いています。

 

狭窄症・ヘルニア・すべり症等、背骨のトラブルは色々あります。

MRIで背骨のトラブルだと診断された方でも、背骨周辺の筋肉や、背骨以外の部分を調整すると痛みが改善する方もおられます。

高齢者の狭窄症の場合は骨の変形が絡んでいて改善が難しいケースも実際にあります。

70代以上になるとそれ以下の人よりも改善成績は落ちると実感しています。

今回は良い意味で予想が外れました。

 

高齢者の方は整形外科で「歳のせいだから仕方がない」と言われる事が多いと思います。

 

諦める前に、一度「整体」という選択肢もあるという事。

病院とは違うアプローチを取ると、全く違う結果が出る可能性がある事。

手技療法は一人一人に合わせてきめ細やかな調整ができるという事。

知っていただければ嬉しいです(^^)

※効果には個人差があります

PAGETOP
Copyright © 堺自然整体院 All Rights Reserved.