堺市で整体なら、堺自然整体院。腰痛・肩こりなどの施術を行っています。

堺市で整体、腰痛・肩こり施術などをお探しなら。

ロゴ
地図

受付・住所
整体の口コミ

有痛性分裂膝蓋骨

有痛性分裂膝蓋骨:サッカーがおもいっきりできるようになった

有痛性分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)の整体の口コミ

12歳 女性 河内長野市 中学生 サッカー

症状

有痛性分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)

9ヶ月前にサッカーで発症、左膝蓋骨の外側斜め上あたりが痛い。

屈伸、ジョグ、踏ん張ると痛い。

 

整体の感想

来るまでは本当に痛みがなくなるのか不安でした。

でも1回目来た時から、痛みが減っていき、今ではサッカーがおもいっきりできるようになりました。

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
有痛性分裂膝蓋骨は筋肉の問題が大半なので、下半身の筋肉の調整を行う。
→屈伸の痛みは20%になった。

2回目
痛みは40%になった。
前回と同じ方向性で筋肉の調整を行う。
→屈伸の痛みは無くなった。

3回目
痛みは20%になった。
→整体後は痛み無し。

4回目
練習を再開している。
対人プレー以外の練習をしている。
ダッシュを繰り返した時だけ違和感がある程度。

5回目
通常の練習メニューをこなしても痛みも違和感も無い。
もう分裂膝蓋骨の痛みは解消できているようなので、この回で卒業となりました。

 

堺自然整体院のコメント

この方は高いレベルでサッカーをやるために寮生活をしながら競技をされています。

女の子で中学生で親元を離れて生活するなんて凄いですよね!

全国から寄りすぐりのサッカーのエリートが集まるチームに入れるって事は、将来がとっても楽しみな子ですね!

 

いくらサッカーが上手くてもケガをしてしまえば、その能力を発揮するのは困難になります。

有痛性分裂膝蓋骨は膝蓋骨が先天的に割れているという状態です。

その痛みは膝だけを触っていても解消しません。

膝の筋肉に直接的、間接的に関わってくる部位を全て調整する事で痛みは解消されていきます。

 

分裂膝蓋骨の痛みは炎症が原因?

整形外科では膝蓋骨に炎症が起きて痛いと言われる事が多いですが、私はそうは思いません。

炎症の定義

発赤(赤くなる)
発熱(熱が出る)
疼痛(痛い)
腫脹(腫れる)
機能障害(動かせない)

 

分裂膝蓋骨では安静時に発赤・発熱・腫脹を持っている人は少ないです。

私の経験では分裂している膝蓋骨を引っ張っている筋肉が緩めば痛みはその場で消失します。

多くの人が1~3回目で施術後に屈伸の痛みが無くなります。

逆に炎症が痛みの原因の場合は私の手技では痛みを取ることはできません。

実際に痛みが取れているという事が炎症では無いことの証左ではないでしょうか?

 

有痛性分裂膝蓋骨の痛みで悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。

初回から明らかな改善を実感していただけると思います。

堺自然整体院

※効果には個人差があります

二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨):痛みが無くなりました

二分膝蓋骨の整体のクチコミ

10歳 男性 和泉市 小学生 サッカー

症状

二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨)

サッカーの練習とマラソンで二分膝蓋骨を発症。

屈伸、階段昇降、歩行、ジャンプ等で左膝が痛い。

整形外科では、湿布を3ヶ月使ってそれでも良くならなければ手術と言われた。

整体の感想

最初、けがをした時このけがなおらないかと思って、サッカーをまたできるか心配で不安だったけど、整体に行ってどんどん足がなおってきて、そしてずっとかよっていると足のいたみがなおりました。

ありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
膝蓋骨に負担をかけている筋肉を中心に調整を行う。

階段、歩行の痛みは無くなった。

屈伸は1割だけ痛みが残った。

2回目
5割の痛みになった。

前回と少し調整法を変えてみる。

屈伸の痛みは無くなった。

軽いジャンプなら痛みが出なくなった。

3回目
痛みは2割になった。

4回目
屈伸は痛くない。

4割のスピードで走っても大丈夫だった。

6回目
8割のスピードでダッシュしても大丈夫だった。

7回目
全力ダッシュも縄跳びも大丈夫だった。

ここまで回復したらサッカーをしても大丈夫と判断をして練習に復帰してもらう。

もう通院しなくても問題無さそうなのでこの回で卒業となりました。

 

堺自然整体院のコメント

二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨)を含めて、初めての痛みを経験した時は通常は整形外科に行く方が多いと思います。

皆さんに知って頂きたいのは、整形外科にも整体にもそれぞれの得意分野があるという事です。

今回の二分膝蓋骨の方は、「安静にしても回復しなければ手術」と言われました。

スポーツ障害では多くの大半のケースで手術は不必要で、筋肉や関節の調整で痛みは無くなっていきます。

オーバーユース(使いすぎ症候群)からくるスポーツ障害は筋肉に原因があるので、堺自然整体院の得意分野です。

 

整形外科の得意分野

検査

レントゲン・MRI・エコー等の検査に関しては間違いなく整形外科の得意分野です。

画像検査でしか分からない事はたくさんあるので、初めての痛みやケガの場合はまず整形外科で重大な問題が無いか調べる事をお勧めします。
(画像検査で全ての異常が分かる訳ではありません)

投薬

整形外科での投薬は痛み止め系の薬がメインになります。

他にも筋肉を柔らかくする薬や神経の修復を助ける薬などもよく見かけます。

外傷(一時的なケガ)の場合等は回復までの間、痛み止めの薬で苦痛を和らげるのもアリですが、

慢性痛を痛み止めで誤魔化しながら長引かせる事は得策ではありません。

人は薬で痛みが楽になると知らず知らずのうちに動き過ぎて痛めている場所に無理をかけてしまいます。

手術

・骨折
・靭帯断裂
・軟骨が欠ける

これらのケースはさすがに手術しか方法が無いです。

半月板損傷や変形性膝関節症等は、重度でなければ手術をしなくても回復する可能性はあります。

 

整体の得意分野

筋肉の緊張や疲労

整形外科に通うような慢性の関節痛は多くの原因は筋肉にあります。

MRIやレントゲンには筋肉は写らないので、病院では見過ごされがちです。

病院で炎症と言われている症状でも筋肉の緊張が取れるとその場で痛みが無くなる事はとっても多いです。

骨格や関節の異常

関節軸のズレや背骨のズレ等、骨のズレも痛みを生む大きな要因の一つです。

これらは手技療法で回復できる可能性が高いです。

ただし、事故やケガを除けばほとんどのズレは筋肉の緊張よって引っ張られた結果起こります。

骨格の矯正の前には筋肉の調整が欠かせません。

 

スポーツ障害で整形外科に行くと、レントゲンやMRI検査で骨の異常をチェックします。

検査で異常が見つかると骨のせいだから安静にするしかないと言われがちです。

骨に異常が見つかっても、その骨に負担をかけているのは筋肉です。

筋肉の緊張等のトラブルを解消できれば多くのスポーツ障害は回復していきます。

堺自然整体院はスポーツ障害がかなり得意な整体院です。

様々なスポーツ障害で悩まれている方はぜひ一度ご相談ください。

行って良かったときっと思っていただけます。

 

※効果には個人差があります

分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨):痛みが取れる事を知ってもらいたいです

分裂膝蓋骨の整体での口コミ

10歳 男性 南河内郡 小学4年生

症状

分裂膝蓋骨

左膝が痛くて普通に歩けない。
走れない。

(過去の治療)
病院

(他の治療院との違い)
整形外科では痛みは取れるかどうか分からない、治らないと曖昧な事を言われ、サッカーができなくなるのでは・・・と思いました。

今まで何の痛みもなく走れていたのに、病院ではお皿が割れているから痛くなるのは仕方ないと言われただけでした。

ネットで調べて先生の事を知り必ず治るとおっしゃっていただきました。

整体の感想

(本人より)
サッカーできました。
ありがとうございました。

(以下お母さんより)
小学校へのきつい坂道の登下校をしながらの治療でしたが、本当に痛みが取れ、5ヶ月ぶりにサッカーの練習に参加できました。

練習後も痛むことなく来週からは試合にも参加できそうです。

本人も私(母)もチームメイトもチームメイトのお父さんお母さんもコーチも本当に喜んでいます。

またどこか痛む時は先生に相談させていただきたいと思います。

分裂膝蓋骨と診断されても、先生の治療を受ければ痛みが取れる事を同じ痛みで悩んでいる方がいれば知ってもらいたいです。

本当にありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

(症状)
小学4年生でサッカーをしている子供さんです。

1ヶ月前に左膝の分裂膝蓋骨を発症。

整形外科では膝のお皿が2つに割れているので手術をした方が良いと言われている。

歩く、走る、屈伸、腿上げ、座る、
これらの動作や姿勢で痛む。

(施術の経過)
このお子さんは最初の2回の施術でほとんどの痛みが取れて、3回目に来院した時は当初の1割の痛みになっていました。

ただ、そこから苦労しました・・・

施術後には毎回痛みが無くなるのですが、数日するとまた少し痛みが顔を出すというのを繰り返しました。

痛みの戻り方を聞くと、登下校の時に痛みが出やすいようでした。

この子は千早赤阪村に住んでいて、登下校で結構きつい坂道を歩かないといけない環境でした。

こういう状況は毎日、朝夕に筋トレをしてるようなものですから普通の子に比べると治りにくくなってしまいます。

私もなんとか完全に痛みを取りきろうと、毎回色々と工夫をして施術しました。

時には腕や肩周りを調整するだけで分裂膝蓋骨の痛みが消えることもありました。

自分なりに試行錯誤しているうちに、他の患者さんで効果があった腰周辺の調整をやってみたら、それ以降全く痛みが無くなり、走ったり練習に参加してもらっても、全く痛くならなかったので通院を終了としました。

堺自然整体院のコメント

分裂膝蓋骨って一般の人はまず聞いたことが無い症状です。

お皿が2つに割れているって言われたら、普通の人なら手術しかないと思いますよね。

でも、お皿が割れているのはほとんどの人が生まれつきです。

今まで10年以上お皿が割れていても痛くなかったのに、手術をしないと治らないのはおかしいと思いませんか?

堺自然整体院では分裂膝蓋骨の人も過去にたくさん良くなられています。

初回で効果を実感してもらえるので、手術したくない人はぜひご相談ください。

膝や足回りのスポーツ障害で、あと少しの痛みが治りにくい人がたまにおられます。

その時によくあるパターンが今回のように登下校で無理がかかっているケースです。

今まではちょっと苦手で通院が長引くこともあったのですが、今回のやり方はかなり上手くいったようです。

このやり方が全員に効くわけではないかも知れませんが、最近は結構良い確率で患者さんが回復しています。

難しい患者さんが来られると、めっちゃ悩むこともありますが、難しい患者さんが私を成長させてくれます。

治療家は自分にできる事を一通りやっても治らないケースはつい患者さんに原因を求めてしまいがちです。

患者さん側に原因があるとすると、患者さんに責任転換できるので自分は楽になれます。

この業界で周りを見るとそういう考え方の先生が多いんですよね。

ただ、それだと治療家としての技術の向上が見込めません。

自分にできることは何か無いのか、自問自答し続けて、試行錯誤、創意工夫を重ねる事で、道が開けていきます。

時には壁にぶつかって治らない患者さんもいますが、その壁を愚直に乗り越えていく治療家になりたいと日々努力をしています。

※効果には個人差があります

有痛性分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨):息子も私も回復すると実感

分裂膝蓋骨の整体の感想

9歳 男性 和泉市 サッカー

症状

有痛性分裂膝蓋骨
走れない、膝の痛み

(過去の治療)
病院・整骨院・整体

(今までの治療との違い)
・確実に治療してもらえる
・的確なアドバイス

整体の感想

小学3年生の頃からけがの連続でいろんな病院に行きましたが、根本的な事はしてもらえず、サッカーは諦めようかと思っていた所、ネットで堺自然整体院を知りすぐに伺いました。

「大丈夫ですョ!すぐ直りますョ!」と心強い一言。

1回目の治療で膝の痛みが消え整体を重ねる事に息子も私も回復すると実感。

今では全力でプレーすることが出来ています。

竹田先生の施術とアドバイス、人間が本来もっている力がとても勉強になりました。

またお世話になると思います。

よろしくお願いいたします。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

1ヶ月前から分裂膝蓋骨で痛みが出て徐々に悪化している。

屈伸・ダッシュ・階段の下りで痛みが出る。

スポーツ整形で有名な病院に行ったが治らない。

初回
分裂膝蓋骨の方に対して一般的に効果がある膝周辺や腰周辺の筋肉を一通り緩めてみたが、痛みはあまり変わらなかった。
関節のズレを修正して、少し広い範囲の筋肉を調整すると屈伸の痛みは2割位になった。

2回目
痛みは7割になった。
背骨におかしい場所があったので背骨を調整。
筋肉の調整する場所を少し変えてみると屈伸の痛みは無くなった。

3回目
痛みは2割になった。
凄く食欲が出た。
前回の施術を踏まえて更に工夫をしてみると、片足荷重で屈伸しても痛みは無くなった。

4回目
前回帰ってから痛くなかったが、ドッチボールをやって痛みが3割になった。

5回目
痛みは0~1割になった。

6回目
片足荷重で屈伸しても痛みは無し。

分裂膝蓋骨の痛みはこれ以降もぶり返すことは無かったのですが、この後足首を捻挫してしまって、足首への施術を3回ほど行い終了となりました。

堺自然整体院のコメント

この方は、サッカーが大好きで4チームを掛け持ちでやっていました。
2チーム掛け持ちはたまに聞きますが、4チームは初めて!

それだけ毎日練習をすると、さすがに疲労が蓄積されますよね。(^_^;)

上手くなるために練習は必要ですが、同じくらい休息を取ることも必要です。

陸上などのタイムを図る競技をしている方には常識ですが、追い込みすぎるとタイムが出なくなります。

筋肉が疲労で固まると、筋肉が伸びなくなって動きの邪魔をしてしまいます。

この患者さんで面白かったのが、食欲が異常に増えたってところです。

腰がそこそこ悪かったのですが、腰が固まっていると内臓の動きが悪くなることが多々あります。

多くの患者さんで施術中に腰を緩めるとお腹がグーグーなるという事が起こります。

内蔵が元気になればそれだけ自然治癒力も上がりますよね(^^)

お母さんが看護師さんをしておられるので、
色々と理解していただいてとても施術が進めやすかったです。

分裂膝蓋骨は私にとってはかなり施術成績が良い症状なのでお困りの方はぜひご相談下さい。

痛みは骨のせいではありませんよ!

※効果には個人差があります

二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨):もう全力で走っても大丈夫

11歳 男性 東大阪市 小学生

症状

ヒザの痛み

(過去の治療)
病院・整骨院・鍼灸・マッサージ・整体・カイロ

(今までの治療との違い)
無痛治療、他院では、痛いところをほぐす方法ばかりでした。

痛みを出す原因の場所を探してくれました。

整体の感想

今はもう全力で走っても大丈夫です。
ありがとうございました。

(母)
大変お世話になり、有難うございました。
もっと早く、当院に出会えていたら・・・って思ってしまいます。

ずっと練習量の多いチームでサッカーを続けていて、体に過度の負担が掛かっていました。

先生の無痛治療で、その負担も取り除いていただき、今は、その多い練習量にも参加できるようになりました。

親として、子供が痛みなく、サッカーに全力で挑む姿を見れるのが、とても安心です。

今後も、子供の体のケアを先生にお願いしてもらおうと思っています。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

この方は整形外科で有痛性分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)と診断されて来院しました。

1年前から膝蓋骨上部外側、1ヶ月前から膝蓋骨上部内側の痛みがある。

歩行、ランニング、屈伸、立ち上がり等の動作で痛みが出る。

あちこちで二分膝蓋骨の治療を受けたのですが、改善しなかったので当院に来られました。

初回
膝の筋肉、関節の動き、骨盤や腰回りの調整を行うと二分膝蓋骨の痛みは残り2割くらいになった。

2回目
サッカーの試合に出ると痛みが出た。
今日は7割くらいの痛み。
前回の手法に加え、骨盤周りの新しい調整をする。
この回以降、施術後は痛みは無い。

3回目
前回帰ってから痛みはかなり楽だったけど、サッカーをして痛みが戻る。
痛みの原因が他にもありそうなので、原因の捜索範囲を広げる。
かなりあちこちに原因があるようでそれらを取り除いていく。

5回目
練習の後半のみ膝蓋骨上部に痛みが出るがそれ以外は痛くない。

6回目
練習しても全く痛みがない。

7回目
今回も全く痛みが無かったので、終了とした。

堺自然整体院のコメント

二分膝蓋骨というと、膝のお皿が2つに分裂している状態です。

一般の人の感覚では手術しないと治らないと思われがちですが、当院では手技のみで痛みを解消しています。

二分膝蓋骨、オスグッド病、ジャンパー膝、鵞足炎、腸脛靭帯炎、ランナー膝、etc・・・

膝のスポーツ障害はたくさんありますが、私にとっては施術の方向性どれもほとんど変わりません。

最終的にどの部分に無理がかかったかで症状や痛む場所は変わりますが、殆どの場合で原因は痛む場所にはありません。

原因である筋肉の緊張や骨格の異常を解消できれば痛い場所に触らなくても痛みは解消されます。

この方も膝の痛い場所にはほとんど触っていません。

体幹部分にいくつも原因があったのでそれを解消することで二分膝蓋骨の痛みは無くなりました。

整形外科や整骨院で電気を当てていてもなかなか改善しない方はぜひ一度来てみて下さい。

※効果には個人差があります

有痛性分裂膝蓋骨:4回の施術で痛みがなくなりました

12歳 男性 阪南市 小学生野球部 

症状

有痛性分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)

整体の感想

成長過程の痛みは時期的な物だと思っていましたが、4回の施術で痛みがなくなり施術自体も無痛で、本人は「寝てしまいそうだった」という程でした。

本当にありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回

症状は、寝ている時以外は常時痛みが続いていて、施術のために少しでも膝を動かしたり、大腿と下腿はごく弱く撫でるだけの刺激でも強い痛みが出てしまい、患部に全くアプローチができない状態でした。
周辺から色々と出来る範囲の施術をしましたが、効果はほぼ無く、初回は撃沈しました(苦笑)

この子はこの状態でも野球やスイミングを続けていたので、まずは運動を一時中断してもらい症状を落ち着かせる事にしました。

2回目来院時、スポーツを休むと安静時の二分膝蓋骨の痛みは出なくなった。
動かすとまだ痛みがあったので通常の膝への施術を行う。
しゃがむ動作の痛みは無くなったが片足でしゃがむとまだ痛みが出たので、脛腓関節の調整を行うと痛みが無くなった。
膝蓋骨周辺の緊張を取って正座もできるようになった。

3回目来院時、どう動かしても痛みは全然無い。
全身の緊張を緩めて終了。
初回の痛みから考えるとまだ運動は無理と判断して安静にしてもらう。

4,5回目来院時、痛みは全く出ていない。
少しずつ運動をしてもらったが二分膝蓋骨の痛みが戻ることはなかったので5回目で終了とした。

堺自然整体院のコメント

この方は来院時はオスグッドと言っておられたのですが、
症状がオスグッドの症状と違っていたのでよく聞くと二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨)とのことでした。
1ヶ月前から痛みがあり、整形外科で診断や治療を受けたものの改善しなかったために当院へ来られました。

当初の痛みはかなり酷く苦労したのですが、
痛みを我慢して無理に運動をしていたために炎症が酷く過敏になっていたようです。
それが収まってからは通常の筋疲労からくるスポーツ障害と変わらない経過で回復していきました。
やはり痛みは骨のせいではありませんでした。

※効果には個人差があります

PAGETOP
Copyright © 堺自然整体院 All Rights Reserved.