オスグッド病の整体の感想

12歳 男性 小学生 サッカー

症状

オスグッド病

1ヶ月前からオスグッドを発症。

屈伸動作や階段の昇降で痛い。

足を投げ出して座っていても痛い。

発症してからサッカーを休んでいるが痛みは変わらない。

整体の感想

ちりょうは全く痛くなかった。

いろいろな知しきを知れてよかった。

リラックスできた。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
通常のオスグッドのようだったので通常通り一通り筋肉の調整を行う。
→痛みは4割になった。

更に調整
→痛みは2割。

動きの悪い筋肉が一箇所あったので再度調整。
→屈伸しても階段昇降でも痛みは全く無くなった。

2回目
屈伸や階段昇降でも痛みはほぼ無し
少し違和感を感じるくらいになった。

前回と同じ方向性で調整。
日常生活の話を色々と聞くと、かなり姿勢に問題がありそうだったのでアドバイスをする。

3回目
200m走ったら少し違和感が出た。

4回目
走っても走り幅跳びしても全く痛くなかった。
もう大丈夫そうだったので通院は卒業となりました。

堺自然整体院のコメント

オスグッド病は昔は成長に伴う痛みと言われていました。

最近はオスグッド病はオーバーユース(使い過ぎ症候群)と言われています。

実際に堺自然整体院にオスグッド病で来られる小中学生の8割位は野球かサッカーをしている少年少女です。

スポーツをしていない子がオスグッドになるのは全く無いわけではありませんが、レアケースだと思います。

では、激しいスポーツをすれば全員がオスグッドになるかと言えば決してそうではありません。

来院する子供達に聞くと、多くのチームでは1割くらい子供がスポーツ障害になっているようです。

練習がハードなチームだと3割位ケガをしている子供がいるチームもあります。

 

という事は、、、

 

大半の子供はハードな練習をしても痛めていないっていうことです。

 

同じ練習をしていても痛める子供と痛めない子供に分かれるのはなぜでしょうか?

たくさんのオスグッド病の子供を見てきた堺自然整体院ではその要素はたくさんあると考えています。

オスグッド病の要素

疲労の蓄積

・練習量
・体力
・睡眠時間

筋肉の緊張

・筋力
・筋肉の柔軟性
・関節の可動範囲
・ストレッチ不足

生活習慣

・身体の使い方(フォーム、歩き方)
・姿勢(立ち方、座り方)

メンタル

・ストレス

その子によって原因は様々ですが、いくつかの要素が重なると痛みが発症するように感じます。

原因がシンプルで軽症の子の場合は私が頑張れば回復しますが、原因が複雑になっている子の場合は、生活習慣を改善してもらう事も重要になってきます。

より早く回復するお手伝いができるよう、私も観察力、洞察力、コミュニケーション力等を磨いていきたいものです。


The following two tabs change content below.
竹田 義浩(たけだ よしひろ)

竹田 義浩(たけだ よしひろ)

「堺自然整体院」院長。星の数ほどある治療院の中で、このホームページであなたに出会えたのは何かのご縁だと思います。 このご縁があなたの身体の不調を取り除き、あなたに喜んでいただけるきっかけになれば、私にとっても大きな喜びです。
竹田 義浩(たけだ よしひろ)

最新記事 by 竹田 義浩(たけだ よしひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

堺自然整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
堺自然整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 072-243-2000 受付:9:00~21:00
休日:水曜、日曜、祝日
住所:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町1-75-13
最寄駅:JR阪和線 百舌鳥駅徒歩3分
駐車場:あり
地図・アクセス