堺市で整体なら、堺自然整体院。腰痛・肩こりなどの施術を行っています。

堺市で整体、腰痛・肩こり施術などをお探しなら。

ロゴ
地図

受付・住所
整体の口コミ

シーバー病(踵骨骨端症):1回で痛みが取れたケース

10歳 男性 堺市 小学生 サッカー

症状

シーバー病

2週間前から右の踵(かかと)が痛い。

ジョギングで踵が痛い

ジャンプをすると踵が痛い。

整体の感想

自粛期間中に何も動かなかったりストレッチなどを無かったから、また自粛期間が来たり休みの日はいつでもストレッチサッカーなどいろんな事をしようと思います。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
いつものシーバー病の施術を行う。
踵周辺だけではなく、下半身を中心に全身の調整を行う。
→片足でジャンプしても痛みは無くなった。

2回目
ジャンプはもう全然痛くない。
同じように調整後走ってもらう。
→走る痛みも無くなった。

3回目
前回以降、ダッシュをしても長距離走をしても全然痛くなかった。
もう大丈夫そうなので、通院は卒業となりました。

堺自然整体院のコメント

この方はお父さんの知人からの紹介で来院されました。

とても順調に回復した子で、痛みは初回の整体以降、全く出なくなりました。

念の為に3回通院してもらいながら徐々に運動を再開してもらいましたが、痛みが再発することもなく無事卒業できました。

このようなケースは私もとっても嬉しいですね。

シーバー病の早期回復ポイント

痛めてから日が浅い

痛めてから1,2週間の子と痛めてから数年経っている子では回復期間に差がある傾向が見られます。
(必ずではありません)

スポーツ障害だと通常は痛めてから整形外科を受診して経過観察になる事が多いですが、できるだけ早期に積極的な回復手段を取った方が良いです。

発症してから無理をしていない

シーバー病を発症しても当初はそこまで痛みが強くないケースが多いです。

レギュラーを外されたくない、練習を休みたくないので騙し騙しで練習を継続する子が多いです。

筋肉の固さが酷くない

私の経験上、筋肉質でずんぐり体型の子とスリムな子だと前者の方が苦労する傾向があります。

筋肉量が多い子がガチガチになっていると筋肉が緩みにくいです。

深い部分が施術しにくいせいでしょうか。

他の先生と話していても同じような話を聞きます

ここは私がもっと技術力を磨く余地のある部分だと思います。

適切な通院頻度

スポーツ障害の場合は通院回数に比例して回復していきます。

短期間でスポーツ復帰を目指すなら通院頻度は高い方が早く復帰できます。

日が空くとその間に身体に負担をかける確率が高くなってしまいがちです。
(休み時間に鬼ごっこ等)

 

人の体は十人十色なので回復ペースは様々ですが、しっかりと調整をして、痛みを生んでいる原因が解消すればほとんどの方が痛みなくスポーツに復帰できます。

身体を気にすること無く全力でプレーに打ち込みたい人はぜひ堺自然整体院にご相談ください。

※効果には個人差があります

野球肩: また野球ができる

54歳 男性 大阪市 会社経営 ピッチャー

症状

野球肩

1年くらい前に野球で肩を痛めた。

投球動作のコッキング時に痛みが出る。

肘が高いと痛いので、肘を低くして庇いながら投げている。

腰痛

2週間前から腹筋のやり過ぎで腰が痛い。

後屈、左右回旋、左右側屈で左腰が痛い。

整体の感想

また野球ができるようになりました。

ありがとうございます。

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
腰の方が辛いとの事だったので腰痛をメインに整体を行う。

2回目
腰痛は痛みが5割になった。
少し野球肩の調整も行う。

4回目
腰は違和感程度になった。
肩も楽になってきた。

6回目
腰は大丈夫。
肩は80%で投げても痛くなかった。

これくらい投げれたら野手としては十分なので、これ以降は月に1回メンテナンスで通いたいとご希望があったので、次回は1ヶ月後になりました。

堺自然整体院のコメント

肩関節は元々脆弱な構造をしています。

お皿の上にボールを乗せたような状態とよく言われます。

断面図だとこんな形です。

膝関節のように一方向だけに動く関節だと靭帯で固めてしまえば安定しますが、多方向に動く関節(球関節)はガチガチに固めると動かせません。
(同じ球関節の股関節は肩関節よりも骨が深く嵌りこむ形になってます。)

そのままだと不安定で簡単にズレてしまうので、周りの筋肉や靭帯で支えて安定させています。

肩関節の場合は筋肉の協調性がとても大事になります。

肩関節だけで10個以上の筋肉。

肩甲骨も含めると20個近い筋肉が同時に動くことになります。

全ての筋肉が連動・協調して動く事でスムーズな運動が行なえます。

一つでも動きの悪い筋肉があると異常な関節運動になったり、他の筋肉に負担をかけてしまい、やがて痛みとなって現れます。

野球肩で肩関節の筋肉に問題が出る原因

投げ過ぎ

どんなに丈夫な身体でも一日に何試合も投げたり、連日連投していると筋肉に疲労が溜まっていつかは怪我に繋がります。

適度な投球数で適度な休息を取ることは基本中の基本です。

最近はジュニアの世界でも投球数の制限が言われ始めたのはとても良いことだと思います。

悪いフォーム

・上半身だけの手投げ
・コッキング時に捻じり過ぎる
・肩甲骨が使えていない
・下半身(特に股関節)の動きが悪い

私は野球は素人なのであまり詳しい指導はできませんが、野球肩になる人は投球フォームに何か違和感を感じさせる人が多いです。

きれいなフォームは理にかなっていて体全体を使って投げる事ができます。

最近ではYou Tube等でも様々な動画が上がっていますし、スマートフォンでもスロー映像を撮る事ができるので、自分でチェックをすることもできます。

痛みが強いうちは難しいですが、野球肩から回復して投げれるようになったらぜひセルフチェックをしてみてください。

筋トレによる筋疲労

意外と多いのがこのパターン。

投球動作はパワーで投げるのではなく、瞬発力や連動性が大事です。

無駄な筋肉は重りになりますし、筋トレはケアを怠ると筋肉を固くしやすいです。

筋トレをしてから肩を痛めた人を多数見てきたので、ご注意くださいね。

ブランク

学生だとコロナ自粛やテスト休み明け、社会人だと数年ぶりに等級をした時に痛めるリスクが跳ね上がります。

しばらく動かさなかった筋肉は筋力が落ちたり、動きがスムーズで無くなっていて、正しい動作ができなくなります。

1週間以上ブランクがある場合は少しずつ肩を慣らすようにしてくださいね。

悪い姿勢

日常の姿勢の悪さで肩や首周辺の筋肉が凝り固まってしまい、運動への影響が出る場合があります。

特に肩甲骨周りに顕著に出るので、姿勢の修正と肩甲骨を動かす運動は日々行っておきましょう。

マエケン体操でもOKです!

※効果には個人差があります

手の痺れ(頚椎ヘルニア):痺れが無くなりました

手の痺れ(頚椎ヘルニア)の整体の感想

46才 男性 堺市 会社員

症状

手の痺れ(頚椎ヘルニア)

3ヶ月前から右側の首や肩から指先まで手の痺れと痛みがある。

整形外科で頚椎ヘルニアと言われた。

上や右を向くと痺れが強くなる。

頭痛や肩こりも以前からある。

症状が強いので会社を休んでいる。

整体の感想

しびれがなくなり良くなりました!

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
痛みと痺れがかなり強く仰向けに寝るのも辛そうだったので、座った姿勢だけで整体を行う。
→右向きの痛みが無くなり、上向きも楽になった。

2回目
初回以降、肩の痛みは4割、痺れは5割になった。
少し仰向けでの調整も行える。

3回目
首の痛みはハリ程度になった。
痺れは首を上向きにした時だけになった。
頚椎の調整も行う。

4回目
上向きも大丈夫になった。
明日から仕事に復帰する。

5回目
仕事をすると少し痺れが出てくる。

この方はフォークリフトの仕事をしているので上向きや大きく首を捻る事が多いので仕事をすると少し症状がでる事がありました。

その後週1回のペースで通って1ヶ月後には首に少しハリを感じる程度になり、
痛みや痺れは仕事をしても出なくなりました。

再発が心配なので間隔を空けて時々来院されますが、良い状態をキープできています。

 

堺自然整体院のコメント

手の痺れで悩んでいる人はたくさんおられて、堺自然整体院には多くの方が来院されます。

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、手根管症候群、etc 様々な原因を病院で言われて来院されます。

手の痺れのポイント

病院で一番多く言われるのは
「頚椎の○番と○番の間が狭くなっている」
このような所見です。

私が見てきた限りではここに問題がある人はごく一部です。

これ以外に重要なポイントはいくつもあります。

肩から首周辺の筋肉の緊張

ほぼ全員に共通しているのが筋肉の緊張です。

頚椎、胸椎、肩甲骨、肩関節、上肢、等、腕の痺れには様々な筋肉が関係してきます。

人によっては下半身の筋肉が影響している事も。

筋肉の緊張によって大きく分けると2つの痺れの原因が作られます。

・背骨の歪み
・胸郭出口症候群

背骨の歪み

緊張した筋肉によって背骨に無理な力がかかります。

左右の筋肉の緊張差があると横に歪んだり捻れたりします。

前後や左右の筋肉が等しく緊張すると背骨を圧縮する力がかかり背骨の隙間が狭くなります。

緊張した筋肉が背骨の動きを制限すると関節の動作不良が起こり痛みや痺れに繋がります。

筋肉の緊張を解消した上で背骨の調整を行う事で痛みや痺れは改善していきます。

胸郭出口症候群

頚椎ヘルニアと言われている人でもこの症状を併発している人はおおいです。

圧迫される場所によって3つの症状に分類されます。

斜角筋症候群

首の斜め前側の前斜角筋と中斜角筋の間で血管や神経の絞扼(締め付け)が起こる疾患です。

肋鎖症候群

鎖骨と第一肋骨の間で神経や血管が圧迫される疾患です。

小胸筋症候群

肩の前側で小胸筋と肋骨の間で神経や血管が圧迫される疾患です。

胸郭出口症候群の場合はそれぞれの状態に合わせて緊張した筋肉を弛緩させると症状が改善していきます。

 

これらの原因をきちんと解消できれば手の痺れは改善していく事が多い症状です。

手の痺れで困っている方はぜひ一度ご相談してください。

※効果には個人差があります

オスグッド病:屈伸ができるようになった

オスグッド病の口コミ

12才 男性 高石市 中学生 野球 ピッチャー

症状

オスグッド病

3週間前にボールを膝にぶつけてから左膝が痛い。

整形外科でレントゲンを撮るとオスグッド病で骨が剥がれかけていると言われた。

屈伸、腿上げ、階段昇降、歩き始め、ピッチング等で痛みが出る。

整体の感想

ここに来るまでは屈伸ができなかったけど、
ここに来たらできるようになった。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
まず膝周辺の筋肉の調整を行う。
→腿上げの痛みが無くなった。

腰周辺の筋肉の調整を行う。
→屈伸や階段など膝の痛みが全く無くなった

2回目
前回帰ってから全く痛くなかった。

帰ってから「ゴッドハンド~!」と連呼していたそうです(笑)

試しに2km走っても痛みが出なかった。

施術中に片足の屈伸を試したら少し痛みがあったので調整をする。
→痛みは全く無くなった。

順調に回復している様子で、2km走っても大丈夫だったとの事なので、もう大丈夫と判断して通院を終了としました。

 

堺自然整体院のコメント

通常のオスグッド病の発症原因はオーバーユース(使い過ぎ症候群)なのですが、この方は脛骨粗面(膝の皿の下)にボールがぶつかったのが発症原因でした。

整形外科でレントゲンを撮ると骨が剥離しかけていると言われたので、おそらくボールをぶつける前からオーバーユースでオスグッドになりかけていたのではないかと思います。

水面下で発症ギリギリのラインだった所にボールをぶつけて、ぶつけた痛みで周囲の筋肉が緊張して発症したと考えられます。

ちょっとレアなケースですね。

初回の施術時に

「初回その場で痛みが取れても1回で終了できる人は10人に1人くらいなので、何回かは通うつもりでいてください」とお伝えしたのですが、嬉しい誤算でした。

通常のオスグッドに比べると筋肉の疲労は少なかったので1回で痛みが取れたのだと思います。

このように1回で回復させられると、とっても感謝されますし、この仕事をやっていて良かったな~っと思います。

全員は無理でも少しでも多くの人が今回のケースのように1回で良くなるようにもっと技術を磨き続けていこうと思います。

大阪でオスグッド病なら堺自然整体院へ

※効果には個人差があります

首の痛み:感謝しかないです

首の痛みの感想

49歳 女性 堺市 主婦

症状

首の痛み

縄跳びで首を痛めた。

ストレッチとマッサージをして更に悪化した。

左右向きと上向きが痛くて全く動かせない。

下向きもかなり痛い。

寝ていても痛い。

整体の感想

頚を痛めて全く動かせなかったんですが、2回マッサージをしていただいたら、日常生活が送れるくらい良くなりました。

もともと頚の痛みがある方ですが、そちらも良くなって嬉しい限りです。

感謝しかないです。

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
首がかなり痛く、筋肉を緩めるために首をほんの少しでも動かそうとしても痛いので、かなり慎重に少しずつ筋肉の緊張を取っていく。

下向きは大丈夫になり、左右は少し動かせるようになった。

2回目
前回帰ってから一旦痛みは戻るが、その後2日間かなり楽になった。

運転を長時間してから痛みが出てきた。

前回の手技に加えて頚椎の関節の調整も行う。

左右にかなり首が回るようになった。

3回目
前回帰ってから2日間はまだ痛みがあったが、3日目から痛みがほぼ無くなった

長時間の運転をしても大丈夫だった。

「首が動かせるってこんなに幸せなんや~!」

「腰が痛い主人の気持ちが良く分かりました」

一番堪えていた運転をしても大丈夫との事だったのでこの回で卒業となりました。

堺自然整体院のコメント

この方は以前に息子さんが捻挫で堺自然整体院に来院されました。

全国大会の前日に捻挫で来られて、1回の整体で痛みが無くなって無事試合に出場する事ができました。

そういった経験があるので、最初から信用してお任せいただいたのでとても助かりました。

 

今回は首が全然動かせなくらいのかなり強い痛みでした。

通常はここまで痛むことは珍しいです。

ここまで強い痛みになった原因は

youtubeで見たマッサージ

最近は「youtubeで見たストレッチをやっています」

こういう声を良く聞くようになりました。

本当に便利な時代になったもので、一昔ならプロしか知らなかった情報がネットやyoutubeで簡単に手に入るようになりました。

 

その反面、粗製乱造で質の低い情報も大量に出回るようになって、情報を選択して見分けるスキルも必要な時代になってきました。

 

今回はセルフコンディショニングの注意点を挙げてみます。

セルフコンディショニングの注意点

痛い事をしない

・痛いくらい強く押しすぎて余計に悪化する
・痛いのに無理にストレッチをして悪化する

よくあるケースです。

痛みは身体からの赤信号

決して痛みを我慢して無理しないでくださいね。

やり過ぎない

早く良くなりたいからついつい回数をやり過ぎる。

少ない回数なら適量だったのに、やり過ぎて悪化させてしまう。

これは筋トレ系のセルフトレーニングでよくあるパターンです。

今まで動かしていなかった身体は急に強くなりません。

30回と言われたら、まずは10回くらいから少しずつ始めましょう。

結果を確認する

「病院の先生が言ってたから」
「テレビで見たから」

権威がある人が言った事は100%信用してしまう人が多いです。

100人中100人に効果がある方法はありません。

例)腰を丸めて痛い人、腰を反らせて痛い人
対応法は真逆になります。

効果の無いだけなら良いのですが、逆効果になる事もあります。

どんな事でも試してみる事は良いことですが、盲目的に続けるのではなく、効果を実感できた事だけを継続するようにしましょう。

自分に合った方法なら2,3回で効果を実感できる事が大半です。

 

自分にできる事を頑張る事はとても良いことです。

自分の身体は自分が一番良くわかります。

 

堺自然整体院でもやる気のある人にはセルフコンディショニングをどんどん教えていくので、来院される際はぜひ聞いてくださいね!

※効果には個人差があります

腰痛:いつも体が軽くなります

腰痛の整体の感想

48才 男性 羽曳野市 僧侶

症状

腰痛

昨日から腰痛を発症。

前屈や右に傾けると右の腰が痛い。

軽いぎっくり腰状態です。

整体の感想

ぎっくり腰になり突然の依頼にもかかわらず、迅速丁寧に施術していただきありがとうございました。

いつ来ても魔法にかかったように体が軽くなって気持ちも軽くなる帰り道です。

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
痛む場所や動作から股関節に問題があると判断して、股関節と骨盤を中心に調整をする。

前屈や側屈の痛みはかなり楽になった。

2回目
前回以降かなり楽だったが、テレビで見た体操をして痛みが出た。

前回と同じ方向性で調整をしてほぼOK。

3回目
前屈や側屈の痛みは大丈夫。

足を投げ出して座る姿勢だけ少し痛みがある。

足の筋肉を調整してOK。

もう日常生活に支障が無いのでこの回で通院終了となりました。

堺自然整体院のコメント

この方は、元々は天六で私と同じ療法をやっていた先生にかかっていました。

その方が仕事をやめたので5年前に色々探して堺自然整体院に辿り着きました。

こういう方はこの療法を理解してくれていて最初から信頼してくれてるのでとてもやりやすいですね。

何年かに一度腰を痛めて来られますが、いつも2,3回で回復されていきます。

 

今回の腰痛の症例のポイントはテレビで見た体操です。

 

最近は健康に関するテレビ番組が本当にたくさん放送されています。

専門家の先生が出てきて色々とお話や指導をしてくれますが、その内容はピンキリです。

堺自然整体院に来られる人から「テレビで見た体操をやったら腰が痛くなった」という話は頻繁に聞きます。

よく覚えていてほしいのは

「万人に合う体操は無い」

分かりやすく例えると

・丸めて痛い人
・反らして痛い人

本来調整する方向は逆方向になります。

どちらの人も同じ体操をすると一方は良くなって一方は悪化するという事がありえます。
(状況によるので一概には言えませんが)

 

もう一つ注意してほしいのが

「やり過ぎ注意」

筋トレ系の体操でよくあるパターンです。

普段使っていない筋肉を使うとほんの少しの事でも体はダメージになります。

特に高齢者の方は筋肉が衰え始めているのでダメージが大きいです。

テレビで「回数は20回」と言っていても、5回くらいからスタートするくらいでちょうど良かったりします。

毎日やっても疲労が蓄積して痛みが出てくる事も多いです。

慣れないトレーニングは

・週に1,2回
・かなり少ない回数
・かなり弱い負荷

こういう状況で始めてみてください。

健康のために始めたことで、逆に身体を痛めてしまっては本末転倒です。

何かを始める時は最初のテンションが上っている時に頑張りたくなりますが、トレーニングや体操は続ける事で効果が出てきます。

末永く続けるためにも、ちょっとずつ慎重にスタートしてみてくださいね。

腰痛なら堺自然整体院

※効果には個人差があります

シーバー病(踵骨骨端症):痛みがおさまった

シーバー病(踵骨骨端症)の整体の感想

10才 女性 羽曳野市 小学生 チアダンス・体操

症状

シーバー病(踵骨骨端症)

1年半前にシーバー病を発症。

一度良くなったが1ヶ月前に再発。

ジャンプやダッシュをすると左の踵が痛い。

近くのスポーツ整形外科に通って冷やしたが痛みは取れない。

来月にチアダンスの発表があるのでそれまでに痛みを取りたいと知人(堺自然整体院の患者さん)の紹介で来院されました。

整体の感想

左足なおってよかった。

やっとなおった。

足がいたくなくなっていまではいたみはおさまった。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
ひとまず踵に直接影響してる筋肉を調整してみる。
→痛みは3割になった。

体幹の筋肉を調整する。
→痛みはゼロになった。

2回目
来院時点で痛みは5割。

今回は踵周辺は調整せずにまず体幹側の調整をしてみる。
→痛みはゼロになった。

3回目
痛みは2割。

前回と同じ方向性で調整。

4回目
来院時点で痛みは全く無し。

軽く運動を再開してもらう。

5回目
バレーボールや軽く走ったりして運動をしても痛みはゼロだった。

経過から判断してももう安心できそうだったので、通院は終了となりました。

堺自然整体院のコメント

この方はシーバー病で来院されました。

途中でぶり返す事も無く、順調に回復されたので、私としても良かったです。

ちょうど新型コロナウイルスでスポーツができないタイミングだったのも幸いしました。

スポーツをやっている学生さんにとって運動ができないのは辛いしストレスが溜まりますが、ケガをしている方には良い休息になりますね。

シーバー病の直接の原因

過去のシーバー病の記事にも色々書いてきましたが、シーバー病の直接の原因は下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)です。

下腿三頭筋がオーバーユースによって疲労が溜まり、筋緊張が強くなることでアキレス腱を介して踵骨(かかとの骨)に負担がかかり、骨が損傷します。

シーバー病の原因の原因

下腿三頭筋が緊張する原因は腰周辺にあります。

ほとんどのシーバー病の方は腰周辺の調整が必要です。

堺自然整体院では、初回は反応を見るために下腿三頭筋を調整しますが、2回目からは下腿は触らずに腰周辺の調整だけで痛みが取れることが大半です。

腰のどの部分に原因があるかは人によって様々です。

更に奥の原因

腰周辺のトラブルがなぜ起こるのか?といつも考えながら整体を行っていますが、

現在の私の考えでは「姿勢」や「フォーム」にも大きな原因があると考えています。

姿勢

立つ姿勢
座る姿勢
寝る姿勢
勉強の姿勢
ゲームの姿勢

フォーム

歩き方
走り方
階段の登り方
立ち上がり方
投げる、打つ、蹴るなどスポーツのフォーム

痛みを持っている方はどこかに無理のある動きをしている事が多いです。

 

大人の慢性症状に多い原因

大人になってくると、これ以外にも原因がよく見つかります。

・ストレッチ不足
・筋力不足
・寝不足
・ストレス
・冷え

 

考えられる原因はとても多いので、人によってはすぐに特定できない事もあります。

初回からすぐには見つからなくても、問診でお話をよく聞かせていただいて、施術後の経過も何度もよく聞かせていただいていくとヒントになる事が見つかる事があります。

整体師にとって技術はとても大事なものですが、同じくらいコミュニケーションも大事なものだと考えています。

私は元々話し上手ではありませんし、人としての器も大きく無いので、コミュニケーションは得意な分野ではありませんが、痛みで困っている全ての人に寄り添える整体師で有りたいと思っています。

シーバー病なら堺自然整体院

※効果には個人差があります

足の痺れ(しびれ):のびができるようになりました

足の痺れ

66才 女性 堺市 会社員

症状

足の痺れ(しびれ)

半年前から左足全体が痺れている。

立ち止まると膝から下がジンジン痺れる。

後屈、立位、仰臥位、側臥位でも痺れる。

病院では椎間板ヘルニアと言われた。

血管を広げる薬を処方されたが効果無かった。

整体の感想

のびが出来るようになりました。

やっぱり相性って大切で~す!

我慢するのをやめることが自然なんだと思いました。

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
歩行、立位、後屈、仰臥位など、基本的には腰を伸ばした状態で症状が出やすいので、その姿勢で関連する筋肉を調整していく。

一通り調整をして立って動いてもらうと、症状は全く無くなった。

2回目
痺れは5割になりかなり気にならなくなった。

3回目
後屈と仰臥位はまだ痺れがあるけど、当初から比べると3割になった。

4回目
痺れは1~2割になった。
「苦にならなくなってきました」

仰向けで寝れるようになった。

自転車降りる時に痺れが出なくなった。

5回目
「全然OK!」
「こんなに良くなるなんて思わなかった」
痺れは全く出なくなった。

6回目
通院間隔を開けても痺れは全く無かった。
「もっと早く来れば良かったです」

もう大丈夫そうなので通院終了となりました。

堺自然整体院のコメント

足の痺れで整形外科で処方された薬を飲んでも効果を感じられなかったという話を堺自然整体院に来られた方からはよく聞きます。

足の痺れで整形外科で処方される薬

痛みをやわらげる薬

リリカ、ロキソニン、ボルタレン

末梢神経障害を修復するビタミンB12の薬

メチコバール

血管を広げて血流を良くする薬

オパルモン、プロレナール

私の薬に対する印象

私が現場で聞いている限りの印象ですが、
神経痛でも「痛み」ならリリカやロキソニンは症状が弱い人には効果があると思います。
強い痛みや痺れには効果が薄いように感じます。

ビタミンB12はほとんど効果が無いと思います。
ドクターの人と話した時にも本当にこれが効果があると思って出していないようです。
毒にも薬にもならないけど気休めで出すという印象です。

血管拡張の薬は一定数効果を感じている人がおれらる印象です。
ただこれも症状がきついと効果は薄いように感じます。

足の痺れの原因

実は足の痺れの原因ってたくさんあります。

坐骨神経痛

腰椎から足の後面を通る坐骨神経が圧迫されて出る症状です。

病名のように捉えられがちですが、坐骨神経の圧迫からくる症状の総称みたいなものなので、坐骨神経痛の原因はヘルニアや狭窄症だったりします。

ヘルニア

腰椎の間にある椎間板の中身が飛び出して神経に触って痛みや痺れが出ます。
レントゲンではほとんど分からなくて、MRI検査で判断できます。
MRIでヘルニアがあるように見えても症状が全く無い人や、他に原因がある事も多いので、MRIでヘルニアが見えたからと言って必ず原因だとは限りません。

腰椎狭窄症

腰椎の中を通る脊髄の管が狭くなって神経を圧迫して神経痛を起こす症状です。

椎間板の劣化

腰椎の間にある椎間板の厚みが減って背骨の間隔が狭くなって神経を圧迫する症状です。

足の痺れで整形外科に行くとレントゲンを撮って、「腰椎の間が狭くなっているからこれが原因です」と言われる事が多いです。

骨棘

高齢者だと骨棘と言って、背骨に棘のような変形ができてそれが神経を圧迫すると言われる事もあります。

梨状筋症候群

股関節のお尻の真ん中あたりにある梨状筋が緊張をして、すぐそばを通る神経を圧迫すると痛みや痺れを生むことがあります。
現場で良く見られる原因の一つです。

腰椎の歪み

腰椎が歪んだり捻れたりすることで、神経痛が出ることもあります。

骨盤の歪み

仙骨や仙腸関節の歪みやズレによって神経痛の症状が出る事も良くあります。
骨盤の歪みが原因の場合は股関節の筋肉が影響している事がほとんどなので、股関節の筋肉の調整も大事です。

筋肉の緊張

梨状筋症候群以外にも、ハムストリングや膝裏やふくらはぎの筋肉の緊張によって神経や血管が圧迫されて足の痺れを生むこともあります。
通常は他の原因と重なって起こっている事が多いです。

レアなケースだと首が原因だったりする事もありますし、外側大腿皮神経痛など他にも細かい原因はたくさんありますが、メジャーな原因はこんな所です。

一つ一つ解説していると大変なので今回は端折りますが、一番伝えたいことは、

「病院で言われた原因が必ず原因とは限らない」です。

現場で見ていると、病院で指摘された原因以外の場所で症状が取れる事がすごく多いです。

医師は骨に原因を求めがちですが、骨よりも筋肉に原因があることは多く、薬の服用よりも整体などの手技療法が効果を発揮できる場面はたくさんあると思います。

初めて足の痺れが出た場合は、まず整形外科で原因の判断をしてもらう事はとても良いことですが、投薬やリハビリで効果を実感できなければ、早めに自分に合う手技療法の先生を探した方が回復への近道だと思います。

 

現場で日々思うことは、原因は複数ある事が多いです。

原因の奥に別の原因がある事もよくあって、一人一人に合わせた調整をしなければ症状は取りきれません。

試行錯誤する事もありますし、調整する場所も多くなるので、何回か通ってももらって徐々に良くなるケースが多いです。

一筋縄ではいかない事もありますが、原因をしっかりと調整できればたいていの足の痺れはなんとかなります。

お困りの方はぜひ一度ご相談下さい。

堺自然整体院

 

※効果には個人差があります

シーバー病(踵骨骨端症):サッカーができました

シーバー病の整体の口コミ

14才 男性 和泉市 中学生 サッカー

症状

シーバー病(踵骨骨端症)

1年前からシーバー病を発症。

少し良くなって復帰してはまた痛めて休む事を繰り返している。

歩くと踵が痛い。
走ると踵が痛い。
つま先立ちで踵が痛い。

スポーツ整形外科に通っていたが痛みが改善しなかったのでチームメイトの紹介で来院しました。

整体の感想

かかとのけがでずっとサッカーができていなかったけど、ここにきてすぐにけががなおってとてもうれしいです。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
通常のシーバー病への対処法を施術してみる。

踵周辺の調整を行う。
→痛みは3割りになった。

腰周辺の調整を行う。
→つま先立ちもジャンプをしても痛みは無くなった。

2回目
前回帰ってから来院するまで歩行やジャンプ等で痛みは全く無かった。

過去に何度も再発をさせているという事だったので、復帰は少し慎重にする事にした。
もうしばらく安静にしてもらい、運動を少しずつ増やすようにメニューを指導した。

3回目
練習の見学で少し違和感を感じた。

4回目
ジョギング、5割ダッシュをしても痛みは無かった。

6回目
練習に参加すると練習後に少し違和感があった。

7回目
練習にしっかりと参加しても全く痛みも違和感も無かった。

ここまで約2ヶ月、過去に何度も再発していたという事もあって、少し慎重に通院してもらいましたが、もう大丈夫と判断して通院終了となりました。

 

堺自然整体院のコメント

この学生さんはシーバー病を発症して以来、1年間まともに練習ができてなかったそうです。

スポーツに一番打ち込めるこの年代で、全力でプレーできない、度々運動休止しないといけないのはかなり辛いですよね。

堺自然整体院はスポーツ障害を得意としている整体院です。

常に最短でのスポーツ復帰をお手伝いさせていただきます。

シーバー病からのスポーツ復帰

スポーツ障害でしばらく運動休止をして、痛みが取れた時に注意してほしい事は「スポーツへの復帰の方法」です。

良くある運動再開時に痛めるケース

痛みが少し残っているのにスポーツ再開
→まだ痛みの原因が残っているので再発のリスク大

痛みがゼロになってすぐに通常メニューの練習を再開
→しばらく休んでいた体には負担が大き過ぎて再発のリスク大

2週間以上スポーツから遠ざかっていた体は筋力も筋肉の柔軟性も以前と同じではありません
少しずつ運動量や運動強度を増やしていくと再発のリスクを低減できます。

①ウォーキング
学生さんの場合は通学で歩いているので、それよりも長く歩いて大丈夫か試してみましょう。
初日  20分
2日目 30分

 

②ランニング
ゆっくりのペースで良いので徐々に距離を伸ばしてみましょう。
走る前にウォーキングをして体を温めましょう。
初日 100m
2日目 200m
3日目  500m
4日目  1km

 

③ダッシュ
短い距離を数本で良いのでスピードを上げてみましょう。
ダッシュの前にゆっくりとジョグをして体を温めましょう。
初日 50%ダッシュ
2日目 80%ダッシュ
3日目 100%ダッシュ

 

ランニングで1~2km
100%ダッシュ

これができれば練習に復帰します。

当初の1週間は軽めのメニューに限定して運動を行います。

徐々に負荷を増やして、1週間後には通常メニューができるくらいに調整してみましょう。

もし途中で痛みが再発するようなら数日休んで様子を見ましょう。
痛みが消えれば再度同じメニューを試しましょう。

痛みが消えなければ調整が必要なので、見てもらっている先生に相談して下さいね。

シーバー病なら堺自然整体院

※効果には個人差があります

有痛性外脛骨:痛みがゼロになり大会に出場

有痛性外脛骨の整体の口コミ

12才 女性 大阪市 小学生 テニス

症状

有痛性外脛骨

3週間前から左足首の内側が痛い。

片足ジャンプで痛い。

練習後に痛い。

整形外科で有痛性外脛骨と言われた。

整骨院や整形外科に何箇所か通って痛みは6割になったがそこから改善しない。

全国大会が近いので一日も早く回復したいと来院されました。

整体の感想

競技テニスをしています。

大会直前に「有痛性外脛骨」としんだんされ、今後は運動を控えるように整形外科では言われ、とても困りました。

けれど、堺自然整体院で整体を受け、約5回で痛みは0になり、大会にも出ることができました!

ありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
状態を見るためにまず足首周辺の筋肉を調整してみる。
→痛みは2割になった。
体幹の筋肉も調整してみる。
→痛みは無くなった。

2回目
来院時点で痛みは6割
学校の革靴を履くと圧迫されて痛んだ。
まず体幹の調整を行う。
→痛みは無くなった。

3回目
痛みは3割
骨盤周辺の調整をメインにする。

4回目
痛みは全く無い。

5回目
練習や試合をしても全く痛くない。
大会が近いという事なので、念の為にもう一回だけ来てもらう。

6回目
痛み無し。

もう卒業しても大丈夫と判断して無事卒業となりました。

 

堺自然整体院のコメント

有痛性外脛骨を始めとして、大会直前にオスグッド病、シーバー病、野球肩、テニス肘、等のスポーツ障害に罹ってしまうと本当に困りますよね。

練習もまともにできなくなりますし、試合でベストなパフォーマンスが出せなくなります。

チームスポーツだと、レギュラーを外されたくないが為に、痛い事を隠して練習を続けて更に悪化させてしまうケースも多いです。

無理をして悪化させると結局満足なプレーができないのでレギュラーから外されて試合に出れませんし、そこから痛みを解消しようとしても、慢性化しているので回復まで時間がかかりがちです。

スポーツ選手が競技を休みたくない気持ちはよ~~く分かります。

 

私自身もそうでした。

 

頭では休んだ方が良いと分かっていても、感情では練習をしたいというジレンマが起こります。

 

有痛性外脛骨でスポーツを休止する判断

運動継続か休止かはケースバイケースなので、必ずという基準は無いのですが、

普段私が考慮している要素を挙げてみました。

スポーツを継続

・最近痛めたばかり
・痛みは悪化をしてない
・全力でプレーができる
・最後の大会が目前

スポーツを休止

・何ヶ月も前から痛みが続いている
・痛みがどんどん悪化している
・80%以下のプレーしかできない
・大事な試合はしばらく無い
・一日も早い全力プレーを希望
・コーチや家庭の理解がある

これは有痛性外脛骨だけでなく、スポーツ障害全般に当てはまります。

状況によっては、練習に半分くらい参加して運動強度の強いメニューはパスするという選択肢もあります。

堺自然整体院では運動は絶対休止と押しつける事はありません。

ご本人やご家族とコミュニケーションを取りながら、一番良い選択肢を一緒に考えていきます。

有痛性外脛骨でスポーツができないとお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。

有痛性外脛骨なら堺自然整体院

※効果には個人差があります

腰椎分離症:痛みが出なくなりました

腰椎分離症の整体の感想

17才 男性 和泉市 サッカー部

症状

腰椎分離症

3ヶ月前から腰が痛い。

整形外科でMRI検査をして軽い腰椎分離症と言われた。

コルセットをして3ヶ月安静にするように言われた。

後屈で強い痛み、前屈、左右回旋、左右側屈でも痛みがある。

ボールを蹴る、走る、長時間立っていると痛い。

整体の感想

痛みがない程度でマッサージをしてくださるので、悪化することはなかったです。

数回来て、ボールをけっても痛みが出なくなりました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
腰椎周辺の筋肉を調整する。
→後屈(腰を反らす動き)以外は痛みが無くなった。

2回目
前回以降、前屈と側屈は痛みが無くなっている。
前回の手技に加えて少し工夫をしてみる。
後屈の痛みが少しだけ残る。

3回目
後屈の痛みが少しだけある。
ある部分の筋肉を徹底的に調整する。

4回目
前回よりだいぶ楽になった。
あとちょっとだけ残るくらい。

5回目
スキー合宿に行っても、練習をしても、少し試合に出ても全然痛くなかった。

筋肉の状態を見てももう大丈夫なようなので、通院終了としました。

 

堺自然整体院のコメント

この学生さんは4年前にオスグッド病で堺自然整体院に来られて、4回の通院で無事回復された方です。

それ以来膝は大丈夫だったそうですが、今回は腰を痛めて来院されました。

腰椎分離症は私の得意種目なので自信を持って施術をさせていただきました。

腰椎分離症とは

腰椎分離症は背骨の椎弓という部分がが激しい運動を繰り返すことで疲労骨折を起こす症状です。

通常は骨折はギプスをすればほぼ回復しますが、腰椎分離症は痛めてから時間が経っていたり、骨が完全に分離していると骨の癒合が難しい場合がかなりあります。

ただの腰痛だと思って、騙し騙し運動を続けているうちに回復期を逃してしまいがちです。

骨が分離したままだとずっと痛みと付き合っていかなけっばならないと思いがちですが、腰椎分離症に限っては骨が分離していても痛みを取ることが可能です。

疲労骨折を起こすという事は、それだけ周囲の筋肉が疲労によって緊張しているから疲労骨折を起こします。

折れた骨を引っ張る筋肉が完全に緩んでしまえば、分離している骨が引っ張られなくなるので、大半の腰椎分離症の痛みは無くなります。

堺自然整体院では過去に多くのスポーツ選手が腰椎分離症を克服してスポーツに復帰して全力プレーできている方がたくさんおられます。

ただし、痛みが取れても骨が分離している事には変わらないので、腰に疲労を溜めないように、日々のストレッチの継続や姿勢には注意してくださいね。

 

※効果には個人差があります

オスグッド病:整体で痛みが取れました

オスグッド病の整体のクチコミ

14才 堺市 男性 中学サッカー部

症状

オスグッド病

1年前にオスグッド病を発症。

屈伸、ダッシュ、階段昇降、ジャンプ等で左膝が痛む。

整形外科のレントゲン検査では膝蓋靭帯が脛骨から剥離していると言われた。

整体の感想

1年間続いていたオスグットの痛みをこの整体でとることができました。

痛みが長続きしている人もぜひこの整体に来て下さい。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
通常のオスグッド病と同じように下半身の筋肉の調整を行う。
→屈伸やジャンプの痛みは無くなった。

2回目
帰ってからしばらく痛みは全く無かったが、サッカーの練習をしてから痛みが出てきた。

3回目
屈伸は大丈夫になったけど、階段で少し痛みがある。

4回目
前回から1ヶ月間、サッカーの練習や試合をしても全く痛くない。

1ヶ月経っても痛みが無かったならもう安心だろうということで、通院終了となりました。

 

堺自然整体院のコメント

オスグッド病は一般的には大腿四頭筋(太腿の前側の筋肉)の緊張によって、脛骨粗面(膝の下の骨)に強い牽引力がかかって、痛みが生じるとされています。

オスグッド病の剥離について

オスグッド病の状態で無理してスポーツを続けると、骨が傷んできて、剥離骨折のような状態になります。

剥離骨折と言われるとギプスが必要?と思われるかもしれませんが、オスグッド病の剥離は通常の剥離骨折と違って、特別な処置は必要ありません。

脛骨が剥離している子も剥離していない子も回復にはそれほど大きな違いはありません。

通常のオスグッド病への対処をすれば、普通に回復してくので安心してご来院ください。

この学生さんも1年間悩んでいた症状が3回の整体で回復されました。

スポーツに心から熱中できる年代の子が長期間全力プレーができない事は大人には想像できないジレンマです。

私も中学生の時にサッカー部に入っていて、オスグッドや骨折で長期間離脱する経験を味わっているので良く分かります。

一日も早くスポーツに復帰できるように全力でサポートしますので、早く回復したい人はぜひご来院ください。

初回で大きく改善した事を実感していただけます。

 

オスグッド病の専門家ー堺自然整体院ー

※効果には個人差があります

二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨):痛みが無くなりました

二分膝蓋骨の整体のクチコミ

10歳 男性 和泉市 小学生 サッカー

症状

二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨)

サッカーの練習とマラソンで二分膝蓋骨を発症。

屈伸、階段昇降、歩行、ジャンプ等で左膝が痛い。

整形外科では、湿布を3ヶ月使ってそれでも良くならなければ手術と言われた。

整体の感想

最初、けがをした時このけがなおらないかと思って、サッカーをまたできるか心配で不安だったけど、整体に行ってどんどん足がなおってきて、そしてずっとかよっていると足のいたみがなおりました。

ありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
膝蓋骨に負担をかけている筋肉を中心に調整を行う。

階段、歩行の痛みは無くなった。

屈伸は1割だけ痛みが残った。

2回目
5割の痛みになった。

前回と少し調整法を変えてみる。

屈伸の痛みは無くなった。

軽いジャンプなら痛みが出なくなった。

3回目
痛みは2割になった。

4回目
屈伸は痛くない。

4割のスピードで走っても大丈夫だった。

6回目
8割のスピードでダッシュしても大丈夫だった。

7回目
全力ダッシュも縄跳びも大丈夫だった。

ここまで回復したらサッカーをしても大丈夫と判断をして練習に復帰してもらう。

もう通院しなくても問題無さそうなのでこの回で卒業となりました。

 

堺自然整体院のコメント

二分膝蓋骨(有痛性分裂膝蓋骨)を含めて、初めての痛みを経験した時は通常は整形外科に行く方が多いと思います。

皆さんに知って頂きたいのは、整形外科にも整体にもそれぞれの得意分野があるという事です。

今回の二分膝蓋骨の方は、「安静にしても回復しなければ手術」と言われました。

スポーツ障害では多くの大半のケースで手術は不必要で、筋肉や関節の調整で痛みは無くなっていきます。

オーバーユース(使いすぎ症候群)からくるスポーツ障害は筋肉に原因があるので、堺自然整体院の得意分野です。

 

整形外科の得意分野

検査

レントゲン・MRI・エコー等の検査に関しては間違いなく整形外科の得意分野です。

画像検査でしか分からない事はたくさんあるので、初めての痛みやケガの場合はまず整形外科で重大な問題が無いか調べる事をお勧めします。
(画像検査で全ての異常が分かる訳ではありません)

投薬

整形外科での投薬は痛み止め系の薬がメインになります。

他にも筋肉を柔らかくする薬や神経の修復を助ける薬などもよく見かけます。

外傷(一時的なケガ)の場合等は回復までの間、痛み止めの薬で苦痛を和らげるのもアリですが、

慢性痛を痛み止めで誤魔化しながら長引かせる事は得策ではありません。

人は薬で痛みが楽になると知らず知らずのうちに動き過ぎて痛めている場所に無理をかけてしまいます。

手術

・骨折
・靭帯断裂
・軟骨が欠ける

これらのケースはさすがに手術しか方法が無いです。

半月板損傷や変形性膝関節症等は、重度でなければ手術をしなくても回復する可能性はあります。

 

整体の得意分野

筋肉の緊張や疲労

整形外科に通うような慢性の関節痛は多くの原因は筋肉にあります。

MRIやレントゲンには筋肉は写らないので、病院では見過ごされがちです。

病院で炎症と言われている症状でも筋肉の緊張が取れるとその場で痛みが無くなる事はとっても多いです。

骨格や関節の異常

関節軸のズレや背骨のズレ等、骨のズレも痛みを生む大きな要因の一つです。

これらは手技療法で回復できる可能性が高いです。

ただし、事故やケガを除けばほとんどのズレは筋肉の緊張よって引っ張られた結果起こります。

骨格の矯正の前には筋肉の調整が欠かせません。

 

スポーツ障害で整形外科に行くと、レントゲンやMRI検査で骨の異常をチェックします。

検査で異常が見つかると骨のせいだから安静にするしかないと言われがちです。

骨に異常が見つかっても、その骨に負担をかけているのは筋肉です。

筋肉の緊張等のトラブルを解消できれば多くのスポーツ障害は回復していきます。

堺自然整体院はスポーツ障害がかなり得意な整体院です。

様々なスポーツ障害で悩まれている方はぜひ一度ご相談ください。

行って良かったときっと思っていただけます。

 

※効果には個人差があります

オスグッド病:全く痛みが無くなってうれしいです

オスグッド病の整体の患者さんの声

13歳 男性 堺市 中学生 野球

症状

オスグッド病

1ヶ月前にアスファルトでランニングをしてオスグッド病を発症。

左膝が痛い。

屈伸、ダッシュ、階段昇降、ジャンプ等で膝が痛い。

整骨院等に通ったが良くならなかったので堺自然整体院に来られました。

整体の感想

オスグッドでひざを曲げるのが痛かったけど、全く痛みが無くなってうれしいです。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
通常のオスグッド病の施術を行う。

様々な筋肉を調整して屈伸の痛みは1割以下になる。

2回目
来院時点で痛みは6割。
同じ方向性の調整で屈伸、階段、ジャンプの痛みは無くなった。

3回目
痛みは4割。

5回目
痛みは2割。
練習は普通のメニューをしている。

7回目
痛みは1割。

8回目
片足で踏ん張ると痛いことがたまにあるくらい。

9回目
しっかりと練習をしても全く痛みが無かった。

もう問題無さそうなので、通院を卒業としました。

堺自然整体院のコメント

オスグッド病で来られたこの学生さんは、ちょっと痛みが取れにくい方でした。

初回の手応えからすると、もっと早く取れるかなと思ったのですが、弱い痛みになってからが少し長引きました。

オスグッド病の原因と言っても人によって様々で、この方は腰の問題が最後に残っていました。

もちろん腰の調整も毎回やっていたのですが、どうしても痛みがぶり返していました。

試行錯誤を繰り返す中で以前に良く使っていた 手技を使うとすんなりと回復しました。

 

こういう事はよくある事で、私達は常に勉強をしたり、自分で考えた新しい事を取り入れているので、つい昔から使っている古い手技をおざなりにしてしまうことがあります。

温故知新の言葉の通り、古い手技=長く使われていた手技は必ず良い部分があります。

勉強や経験を重ねていくと、習った時に聞いて いた理論や原理以外の角度からその手技の活かし方や理論の説明を思いつく事があります。

こういう事を繰り返していく中でより深みや幅のある技術や知識を自分の中で確立していけるように思います。

 

「守破離」という言葉があります。

 


物事を習う時には、始めは言われた事を守って素直に受け入れる。


一通り習得できたらその殻を破って自分なりのやり方を見出す。


師匠の元を離れて、自分の道を追求する。

素直さは大事ですが、教わった事をそのまま鵜呑みにし続けるのではなく、常に自分で考える習慣を持つ事で人は成長する事ができます。

よりレベルの高い整体を目指してこれからも考え続けていこうと思います。

 

オスグッド病の専門家ー堺自然整体院ー

※効果には個人差があります

オスグッド病:3回通っただけですごく楽になりました

オスグッド病の整体の口コミ

12歳 男性 堺市 野球

症状

オスグッド病

1年前からオスグッド病を発症。

左右の膝が痛い。

屈伸、ダッシュ、階段昇降、ジャンプ、守備時に痛みが出る。

整体の感想

始めは階段を上り下りする時も痛かったけれど、3回通っただけですごく楽になりました。

野球もできそうなので通ってすごくよかったです。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
通常のオスグッド病の調整を行う。

下半身を中心に筋肉の緊張を解消していく。

屈伸と階段昇降の痛みはゼロになった。

再発防止のためにストレッチや姿勢の指導をする。

2回目
痛みは3割になった。

同じ方向性の施術で痛み無し。

3回目
屈伸や階段や軽く走っても痛みが全然無かった。

4回目
ダッシュをしても、長距離を走っても全然痛くなかった。

もう大丈夫そうなのでこの回で通院終了となりました。

堺自然整体院のコメント

この方は1年以上オスグッド病の痛みを抱えて野球をしていました。

私としては回復までもう少し時間がかかると予想していました。

ところが、実質2回の整体で痛みは全く無くなってしまいました。

その後運動をしても痛みがぶり返すことはありませんでした。

このように早期回復する子だと私もやっていてとても楽しいです。

そこで、オスグッドが早期回復する子と、時間がかかる子の違いをまとめてみました。

 

オスグッド病が早期回復しやすい人の傾向

・痛みが弱い人
・痛めてから日が浅い人
・痛めてから無理をしなかった人
・ストレッチをしっかりできる人
・日常生活で無理をかけない人

オスグッド病の回復に時間がかかる人の傾向

・痛みが強い人
・痛めてから時間が経っている人
・痛めてから無理に練習を続けた人
・運動時のフォームに癖がある人
・姿勢の悪い人
・筋肉質で固い筋肉の人
・セルフケアをしない人
・日常生活で無理がかかる人

※あくまで傾向であって、必ずこうなるわけではありません。

現に今回の少年は時間がかかる傾向がありましたが、早期回復しました。

逆に言うとこういった事を心がけるだけでも改善していきます。

オスグッド病を改善させるためにできる事

・痛みがある時は無理をせず安静にする
・運動時のフォームを見直す
・良い姿勢を心がける
・ストレッチ等セルフケアを毎日行う
・日常生活で負担をかけない工夫をする

オスグッド病の場合は特に注意してほしいこと

・ランニング時のフォーム
・座り姿勢、立ち姿勢
・下半身全体のストレッチ

やる気のある子にはセルフケアの指導をしっかりと行います。
来院された際にはぜひ聞いてくださいね!

 

オスグッド病の専門家ー堺自然整体院ー

※効果には個人差があります

足の痺れと痛み:痛みを感じない生活ができる

足の痺れの整体のクチコミ

81歳 男性 堺市

症状

足の痺れと痛み

半年前から足の痺れと痛みがある。

自転車で足を伸ばして発症した。

10分歩くと痺れる。

立つ動作や座る動作で痺れる。

食べ過ぎたり便が溜まると痺れる。

腰の痛みもある。

 

病院では脊柱管狭窄症と言われた。

ブロック注射やリハビリをやったが効果が無かった。

整体の感想

来るまでは半信半疑でしたが、ひどい痛みでなんとかならないかという思いが強い状態からの訪問でした。

今は十回位通って、だんだんとましになり、ほぼ痛みを感じない生活の部分も出てきて喜んでいます。

いつかぶり返すのではと思うこともありますが、無理をせずに生活をしたいと思います。

 

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
腰を中心に整体をする。
この日は症状が出なかったので経過を確認してもらう。

2回目
痛みや痺れは7割になった。

3回目
痛みや痺れは2割になった。

7回目
2km歩いても大丈夫だった。

11回目
旅行に行けた。

13回目
5時間出歩いても大丈夫だった。

通院を2週間空けても大丈夫だった。

「気持ち悪いくらい痛みや痺れが無い」と嬉しいお言葉を頂きました。

ここまで回復するのに、当初は週に1~2回、改善してからは2週間に1回の通院。

期間にして4ヶ月で14回の通院になりました。

 

安定しているので今後は1ヶ月後に通院予定です。

堺自然整体院のコメント

この方はお孫さんのスポーツ障害が堺自然整体院で良くなったので、紹介で来られました。

80代という事と整形外科で脊柱管狭窄症と言われていたので、どこまで改善できるか分からない状況でのスタートでした。

脊柱管の狭窄が痛みや痺れの本当の原因なら整体の手技では絶対改善しません。

手術で脊柱管を広げるしか方法はありません。

高齢の方の痺れは骨の変形や椎間板の変性や血流などの血管トラブル等、私の手に余る原因で発症するケースがあるので、改善率は若い人よりも下がります。

実際に脊柱管狭窄症やすべり症と言われた人の中には私がいくら頑張ってもどうにもならない人もいます。

 

だからと言って整体を受ける前から諦める必要はありません。

 

MRIやレントゲン検査で異常が見つかっても、実際の症状は別の原因で起きている。
→整体で症状が改善するというケースは本当にたくさんあります。

この方も病院の判断とは違う場所に原因があり、骨盤のトラブルや腰周辺の筋肉のトラブルが痛みや痺れの原因でした。

適切な処置ができれば、高齢の方でも予想以上に回復するという良い例でした。

 

この方が良くなったらやりたい事は、「奥さんと難波で買い物をする」というものでした。

当初は10分歩くと辛くなってたのでとても難波まで行けなかったそうです。

とっても素敵な目標ですよね~!

いくつになってもこんな事が言える夫婦でありたいですね(^^)

※効果には個人差があります

腸脛靭帯炎(ランナー膝):痛くないのに直ったので驚きました

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の整体の感想

27歳 男性 堺市 会社員

症状

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

ジョギングとバレーボールをしている。

久しぶりにランニングで10kmを走ったら左膝の大腿下端の外側が痛くなった。

3分歩くと膝が痛い。

大股での歩行で膝が痛い。

走ると膝が痛い。

階段の下りで膝が痛い。

整体の感想

痛くないのに直ったので驚きました!

ありがとうございます!!

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
腸脛靭帯炎に関係する筋肉を中心に調整する。

少し痛みが残ったので骨盤の調整も行う。

→歩行や階段の痛みが無くなった。

2回目
前回以降、階段の下り、大股での歩行、ジョグの痛みが無くなった。

通勤でしばらく歩くと違和感があった。

前回と同じ方向性の調整を行う。

3回目
1km走っても痛みは全く無かった

4回目
2km走っても、全力ダッシュをしても、バレーボールをやっても痛みも違和感も無かった

この状態なら卒業しても大丈夫とみて、通院を終了となりました。

堺自然整体院のコメント

腸脛靭帯炎(ランナー膝やランナーズニー)は堺自然整体院の症例や患者さんの声には一つも記事が無い症状です。

記事が無いからと言って苦手かというとそうではなく、私にとっては得意な症状の一つです。

過去にも同じ症状の方はたくさん回復してきました。

堺自然整体院の症例ではオスグッドが症例数は多いですが、オスグッドもシーバー病もシンスプリントも腸脛靭帯炎も原因は似たりよったりです。

スポーツ障害でお困りの方は症状が掲載されてなくてもほとんどの物に対応できるのでぜひご相談ください。

 

腸脛靭帯炎とは?

腸脛靱帯炎とは、マラソンや陸上競技等、ランナーに起こりやすい膝のスポーツ障害です。

一般的に言われている腸脛靭帯炎の原因は、膝の屈伸運動の繰り返しで腸脛靱帯が大腿骨とこすれて炎症を起こして痛むと言われています。

マラソンや長距離種目のランナーに多く見られます。

オーバーユース(使いすぎ症候群)が直接の要因だと考えられています。
過剰なランニングのトレーニング以外にも

・ストレッチ不足(ウォームアップ不足)
・悪いランニングフォームなど、様々な要因が考えられます。

一般的な腸脛靭帯炎の対応

・運動休止
・アイシング
・ストレッチ
・湿布

これらの対処法が一般的ですが、原因が解消されていないと運動再開時に再発するという事が多いです。

堺自然整体院での腸脛靭帯炎への対応

腸脛靭帯炎がランニングによるオーバーユースだという事は間違いが無いので、オーバーユースによる筋緊張の解消を一番に考えます。

様々な手技を使って原因となる筋肉の緊張を緩めた上で、骨盤や膝関節など骨格の調整も行います。

膝周辺の筋肉の疲労が原因なので、基本的には運動は休止して安静にします。
回復をより早めるためにストレッチや姿勢などの指導も行います。

腸脛靭帯炎は適切な対処をすればそれほど長引く事はありません。

膝が痛くて走れない人はぜひ一度相談して下さい。

一度整体を受けていただければきっと早期復帰の希望が湧き上がります。

※効果には個人差があります

ぎっくり腰:日常生活ができるようになりました

31歳 女性 堺市 会社員

症状

ぎっくり腰

10日前に片付け中にぎっくり腰になる。

前屈は20度ほど、後屈は全く曲がらない。

捻っても横に傾けても痛い。

部屋の中で歩くのも痛くロボットのように歩く。

立ち座り、寝返りが痛くて一度寝転ぶと起き上がるのも困難。

痛みのせいで上半身が左にずれて(疼痛性側弯)まっすぐに立てない。

SLRテストは30度も上げれない。

整体の感想

ぎっくり腰で立てなかったのが、日常生活を送れるようになりました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
かなり痛みが強そうだったので、とにかく痛くない姿勢で痛みが出ないようにそろ~っと筋肉を調整する。

腰も足もガチガチに固まっている。

色々と調整を行って前屈は45度くらい曲げれるようになる。

回旋や後屈もできるようになる。

2回目
痛みは5割になった。

3回目
少し動けるようになった。

4回目
症状は前回と同じくらい。

5回目
座っていても痛みは出にくくなった。

骨盤の調整法を新しいやり方で調整してみる。

→前屈が90度まで曲がるようになった。

6回目
かなり良くなった。

動いていて痛みがない。

仕事(調理の立ち仕事)も行けるようになり、仕事をしても大丈夫。

前回と同じ手技で調整する。
→前屈で手のひらが床にべったりついた。

もう大丈夫そうなので通院終了となりました。

堺自然整体院のコメント

この方はめっちゃめちゃ苦労しました。

初回は痛みが半減してそこそこの結果が出ましたが、2回目から4回目は正直に言って大きな改善が見られませんでした。

疼痛性側弯があったり、SLRテストが陽性だったり、ヘルニアの疑いも考えました。

4回目の時点でこの状態は私には難しいので、病院でMRIの検査を受けてみてほしいと伝えて、その回は料金はいただきませんでした。

私としてはここで通院が終わったつもりでした。

 

ところが、病院ではMRIの検査はしなくても良いと言われてまた当院に来られました。

私にできる事は全てやったつもりだったので、どうしようかかなり悩みました。

 

打つ手が無いはずでしたが、必死に考えていると新しい考えが浮かんでくるものです。

今までにやった事がない骨盤の調整法を思いついて試してみると・・・

今まで仰向けで30度くらいしか上がらなかった足が、60度くらいまであがるようになり、前屈も大きく改善しました。

次の来院時には足が90度まで上げれるようになり、痛みもほぼ無くなりました。

 

骨盤の調整は前から色々と試していたのですが、この方は既存の方法では結果が出ませんでした。

人の体は面白いものでちょっとした工夫で大きく結果が変わります。

 

日々色んな症状の人を見ていると、セオリー通りに行かなくて難しい人や行き詰まる人もやはりいます。

そんな状況でも諦めずに私を信頼して来院してくれる方は本当にありがたいものです。

信頼や期待を裏切らないように、より効果のある方法を模索する毎日です。

※効果には個人差があります

腰痛:違和感がなくなりました。

腰痛の整体のクチコミ

66歳 男性 八尾市 

症状

腰痛

腰と右足後面の痛みがある。

座っていると痛い。

立つ時に痛い。

洗い物をしていると痛い。

左右に腰を傾けると痛い。

5年前から腰椎にヘルニアがある。

整形外科で腰の牽引療法をやってきた。

整体の感想

腰に違和感があってよせていただきました。

1回2回と整体をうける中で体が普通の状態に戻っていきました。

ありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
腰を中心に下半身の筋肉の緊張を弱い手技を使って緩めていく。
→かなり痛みは楽になった。

2回目
前回よりも痛みが楽になった。

朝一に少し痛みが出やすい。

前回よりも少ししっかりとした手技で深い原因も取っていく。

3回目
ほぼ痛み無し。

腰に意識を向ける事がほとんど無くなった。

これくらいならもう大丈夫との事だったので通院終了となりました。

 

堺自然整体院のコメント

この方は整形外科で腰の牽引療法をやったのですが、効果は無かったそうです。

患者さんから「牽引ってやっても良いですか?」と良く聞かれるのでちょっと書いてみました。

 

腰の牽引療法

腰痛や坐骨神経痛で病院に行くと、レントゲン検査で腰椎の隙間が狭くなっている(椎間板が劣化して潰れている)とよく言われます。

骨の隙間が狭くなって神経を圧迫しているから引っ張って骨の隙間を広げれば痛みが緩和するという考え方です。

こう聞くと理屈が通っているように聞こえるので牽引療法は効果があるように思えます。

しかし、腰痛やヘルニアの診療ガイドラインではその効果は否定されているそうです。

https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0017/G0000309/0038

https://www.jstage.jst.go.jp/article/artsjpta/28/0/28_31/_pdf/-char/ja

私が過去20年間で患者さんの声を聞いてきた限りは明らかな効果があったと言う人は5%以下だと思います。
(これには牽引療法で効果があった人は当院には来ないというバイアスがかかってます)

海外での研究も含めて、多くの研究でプラセボと有意な差が無いという文献ばかり見つかるという事は、この方法には何か足りない部分があるはずです。

 

椎間板がなぜ潰れるか?

整形外科では「体重」「年齢」のせいにしがちですが、私は「筋肉」に原因があると考えています。

腰椎周辺にはたくさんの筋肉があります。

腰椎を動かすメインの筋肉
多裂筋、脊柱起立筋、大腰筋、腰方形筋

これらの筋肉は全て縦方向(腰椎と同じ方向に並んでいます)

これらの筋肉が緊張して短縮すると椎間板には圧縮する力がかかります。

椎間板には弾力性があるので、一時的に圧縮されても戻りますが、長期間圧縮され続けると薄く固い椎間板になってしまうと考えています。

 

私も以前は手技で椎間板に牽引をかける手技を多用していました。
良くなるケースもありましたが、一時的な効果になることも多かったです。

腰椎周囲の筋肉を緩めて腰椎の負担を減らす方向に考えを変えてから明らかに良くなる確率が上がりました。

 

牽引療法を受けている人に伝えたい事

・牽引後に明らかな効果を感じますか?
・右肩上がりで改善していますか?

2つともYESの人はぜひ続けてください。
2つともNOの人はぜひ他の方法も試してみてください。

1つだけYESの人は色んな可能性が考えられるので、判断が難しいです・・・ご自身の直感を大事にしてください(^^ゞ

腰痛なら堺自然整体院

※効果には個人差があります

首の痛み:1回で支障無くなりました

首の痛みの整体の感想

51歳 男性 堺市 自営業

症状

首の痛み

3週間前から首の左側が痛い。

2日前にゴルフをして更に悪化した。

下と左右を向くと首が痛く大きく動かせない。

整体の感想

曲がらなかった首が一回目の施術で日常生活に支障がないようになり、念の為二回目もお願いしたところまったく痛みがなくなりました。

本当に助かりました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

施術の経過

初回
頚椎の筋肉と関節に問題がありそうだったので、ひとまずひたすら首の筋肉の調整を行う。
→ある程度動かせるようになった。

まだ首を回すと痛いので、首の関節の調整も行う。
→かなり動かせるようになる。
下と左向きは痛みが無くなった。
右向きが少しだけ残る。

2回目
だいぶ楽になった。
朝イチは固まって痛みがあるけど、昼間は弱い違和感が残る程度になった。

前回と同じ方向性の調整に加えて肩周りの筋肉の調整も行う。
→痛みや違和感は全く無くなった。

 

この状態なら大丈夫そうなので、この回で通院終了となりました。

堺自然整体院のコメント

首の痛み(頚部痛)でお困りの方はとても多いですよね。

首の痛みを生む症状

寝違え、ムチウチ、頚椎ヘルニア(頚椎捻挫)、頚椎症、頚椎椎間板症、後縦靭帯骨化症、骨棘による神経圧迫、スマホ首、etc・・

症状によって原因は様々ですが、多くの症状に関係している原因があります。

 

それは「筋肉」

 

首の筋肉の影響

殆どの症状に首の筋肉は影響を与えています。

首の筋肉の緊張(コリ)によって

・筋肉自体が痛む。
・筋肉が神経を圧迫して痛む。
・筋肉が頚椎を歪めて痛む。
・筋肉が関節の動きを制限して痛む。
・筋肉が椎間板を圧縮して椎間板からの神経症状を生む。

このように様々な形で痛みに影響します。

ちなみに首の筋肉と言っても、首の部分だけではありません。

肩甲骨や肩周辺、腕や手、など上半身のほとんどの筋肉が首に影響します。
(たまに下半身の筋肉が影響することもあります)

堺自然整体院では様々な手技を使って、原因となる筋肉の緊張を調整して、首の痛みを改善していきます。

この症例の方も、整体をしている時間の9割以上は筋肉を調整していました。

筋肉の調整だけでは取り切れない部分はほんの1.2分頚椎の関節の調整を行いました。

しっかりと筋肉が緩んでいるとバキバキしなくても、骨の調整は上手くいくことが多いです。

 

堺自然整体院では、その場でほとんどの方が楽になっていただけますが、その場限りの効果では意味がないので、帰ってから再発しないように日常生活習慣のアドバイスも行います。

 

骨化症や骨棘など骨の変形が見られる症状は手技では効果が無い場合があります。
(この症状と診断されても原因が他にもある場合は手技で効果があるケースもあります)

整体を行ってみて骨に原因があって、私の力量では効果が出せない場合は、無駄に通院回数を重ねないように、早い段階で説明させていただきます。

 

首の痛みで整形外科や整骨院に通っても効果が無い場合はぜひ一度ご相談ください。

きっと来て良かったと言っていただけると思います。

※効果には個人差があります

« 1 2 3 4 13 »
PAGETOP
Copyright © 堺自然整体院 All Rights Reserved.