堺自然整体院からの健康情報 痛み止めのお薬について

大阪堺市JR百舌鳥駅前/堺自然整体院

痛み止めのお薬


 痛み止めのお薬

首・腰・関節等の痛みが起こるとまず整形外科に行きますよね?
レントゲンで検査をして、異常が無ければロキソニン等の痛み止めを処方してもらうケースが多いのではないでしょうか?
患者さんとの会話の中でも「痛み止めは飲んだ方がいいんでしょうか?」と良く聞かれます。

私は医師や薬剤師ではありませんから、法律上薬に関する指導はできませんので、ここで痛み止め(鎮痛剤)についての私見を書いてみたいと思います。


■痛み止めの薬の仕組み

(ステロイド等のように少し仕組みが違うものもありますが、一般的な痛み止めの薬についてです)

痛み止めの薬の仕組みは
・傷めた組織から出てきた物質が、痛みを感じさせる物質に変化する事を阻害する。
・脳への刺激の伝達を抑制します。


大雑把に言うと、
「痛みを伝える物質をストップする」
「痛みを感じなくさせる」


痛みを発生させている原因を取り除いているわけではないのです。

■痛み止めの薬の問題点

痛み止めは、あくまでも痛みの原因を治しているのではなく、痛みの伝達を阻害しているのです。
俗に言う「対症療法」です。

後述している副作用も問題なのですが、それ以上に問題なのが、
「痛みを感じないことの危険性」です。
痛みは身体からの赤信号です。
身体のどこかに異常が起きているので痛みを感じます。
その痛みを感じなくなってしまうと身体に無理をかけている事を気づかなくなってしまいます。

もし骨折やギックリ腰の人に麻酔を打ち、全く痛みを感じない状態にして、きつい仕事やスポーツをさせればどうなるでしょうか?
その場はできたとしても間違いなく後で悪化しますよね?

ここまで極端でなくても、痛み止めを使うという事は大なり小なりそういうリスクがあるという事をしっかりと留意しておいて下さい。

■痛み止めの薬のメリット

・自然治癒力で治るまでの間、痛みを押さえる事で苦痛を和らげる事ができる。
急性で軽症の痛みならば自然治癒力で短期間で治癒します。
それまでの間を上記の問題点に注意しながら薬を使うことはケースによっては良いと思います。

※ 当院の対応範囲のような整形外科的な慢性症状の場合は自然治癒が難しい場合が多いので
薬に頼らない方が良いと思います。


・痛みが痛みを呼ぶ悪循環を断ち切ることができる。
あまりにも痛みが強いと、
痛い→筋肉の緊張→血流不足→酸欠→発痛物質増加→さらに痛い
このような悪循環に陥ってしまいます。
ブロック注射等のような強い薬を使ってでも、この悪循環を断ち切った方が回復が早くなることがあります。
(眠れないような激痛の場合だと考えて下さい)

※ この場合は痛み止めと同時に根本的な部分の治療をしないと意味がありません。




■痛み止めの薬デメリット

・痛みを感じない怖さ
既出です。


・交感神経緊張や血流不足による自然治癒力の低下
ちょっと長くなりますので興味のある人は、下記の新潟大学大学院医学部の安保徹教授の文章をお読み下さい。


・胃腸障害
止めを処方される時には同時に胃薬も処方されるはずです。
この手の薬は胃に大きな負担をかけますし、化学物質を体内に入れると肝臓や腎臓にも負担がかかります。



もちろん対症療法しか対応方法が無い疾患もあります。
そのようなケースは薬を使うこともやむを得ないと考えてます。

最後に

当院に来られる患者さんは比較的身体への意識が高い方が多いと感じています。
そういった方々でも痛み止めに頼る人はかなり多いので、世間一般的には物凄い数の患者さんが痛み止めを服用していると推測されます。

薬を飲んでいる方は今一度考えてほしいのです。
その薬は
「根本的に治すための薬ですか?」
「症状を抑えるための薬ですか?」
 
堺自然整体院とは?治療院案内アクセス施術の流れQ&A症例患者さんの声
プロフィールコラムよい治療院の見分け方blogリンクお問い合わせトップページ




Valid XHTML 1.0 Transitional