堺自然整体院からの健康情報 雨降り前に体が痛む

大阪堺市JR百舌鳥駅前/堺自然整体院

雨降り前に体が痛む


よく患者さんから、「天気が悪いと身体が痛むんですがどうしてでしょ?」と聞かれます。
古傷が痛んだり、頭痛や神経痛が出るのもよく聞きます。
このような症状は気象病とも言い、人によっては天気予報ができるくらい正確に分かる人もいてます。

「湿気のせい?」と思っている方も多いようですが、湿気で痛むならお風呂に入って痛くなるはずです。(浴室は湿度100%)

では、なぜ天候で痛みが変わるのかと言うと・・・

それは「低気圧」のせいです。

基本的に晴れていれば高気圧、雨の時は低気圧がやってきます。
ということは、雨降りの前には高気圧→低気圧と急激に気圧が下がります
その結果、身体を押さえていた圧力が弱くなり、身体全体が膨張したようになってしまいます。


 気圧/堺自然整体院


身体が膨張すると相対的に血中の酸素量が減って酸欠になったり、関節が緩んだようになって正常な動きができなくなります。

ちなみに人間の身体は6倍の圧力がかかっても耐えることができますが、圧力が2分の1になったら死んでしまうそうです。

対処法としては、お風呂が一番!

気圧よりも遥かに強い水圧を身体にかけることになり、低気圧の影響を除いてくれます。
(効果の持続は人によって様々です)

ストレッチで筋肉を緩めて血行を改善するのも効果があると言われています。

気圧以外にも急激な温度変化が影響する場合もあります。
この場合は服装などで対応してください。
 
堺自然整体院とは?治療院案内アクセス施術の流れQ&A症例患者さんの声
プロフィールコラムよい治療院の見分け方blogリンクお問い合わせトップページ






Valid XHTML 1.0 Transitional