堺市で整体なら、堺自然整体院。腰痛・肩こりなどの施術を行っています。

堺市で整体、腰痛・肩こり施術などをお探しなら。

ロゴ
地図

受付・住所

有痛性外脛骨の施術

  • HOME »
  • 有痛性外脛骨の施術
なぜ改善できているのか?

有痛性外脛骨の痛みは「骨」が原因ではありません。


下記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

  • 内踝(うちくるぶし)の下の骨が痛む。
  • 内踝の下の骨が出てきた。
  • 出っ張りを押さえると痛い。
  • 歩いたり走ると痛い。
  • つま先立ちで痛い。
  • 運動中止しても痛みが引かない。
  • 楽になっても運動を再開すると痛みが再発する。
  • 試合が近いので早く治したい。
  • チームメイトにレギュラーを取られたくない。
  • もう一度体を気にせずに全力でプレーがしたい。

悩み改善!整体の口コミ

悩み箇所・症状:      

有痛性外脛骨と腰痛:4回で痛みが無くなりました

腰痛の口コミ

14歳 男性 堺市 サッカー部

症状

腰痛

2週間前から2回コケて腰を打ってから腰椎の左側が痛くなった。
痛みを我慢して練習をして更に悪化。
腰を前屈・後屈・左傾・左回旋で痛い。
走る・ジャンプ・シュートで痛い。

有痛性外脛骨
1年前から痛い。
ボールが当たると痛い。

首の痛み
5年前から痛い。
後屈すると痛い。

整体の感想

腰痛できてたったの四回で痛みが無くなりました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

続きを読む


※効果には個人差があります


悩み箇所・症状:   

有痛性外脛骨:1回の施術で痛みは全く無くなりました

有痛性外脛骨の整体の感想

14歳 男性 大阪市 学生

症状

有痛性外脛骨

爪先立ち、ジャンプをすると痛い

(過去の治療)
病院・整骨院

(今までの治療との違い)
他の治療院では安静にとだけ言われて、特に治療はしてくれませんでした。
(整骨院では電気をあててくれましたが、痛みはかわりませんでした。)

整体の感想

竹田先生、お世話になりました。

息子が有痛性外脛骨を診断され、部活を見学するだけのつらい日々を送っている時に、インターネットで先生のホームページを見つけ、すぐに電話予約し、伺いました。

1回目の施術で痛みは全く無くなり、息子も私もびっくりしました。

もしかしたら近々、部活に復帰出来るのではという気持ちで息子と私はとても嬉しい気持ちで帰宅した事を覚えています。

2回目は4日後に伺い丁寧に施術して頂き、息子は安心して寝ていたと言ってました。

痛みが出てから治療までが早かったため3回目で終了しました。

3回目は整体院の前でおもいっきりダッシュで走り、痛みがない事を確認。

翌日から部活復帰出来ると言われました。

息子は大喜びしていました。

あれから痛みは出ていません。

部活からドロドロに汚れた姿で帰ってくる息子の顔が充実している様で母親としては嬉しいです。

そして今日も部活に行く息子を送り出しました。

本当にありがとうございました。

今後もよろしくお願いします。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

続きを読む


※効果には個人差があります


悩み箇所・症状:   

有痛性外脛骨:気持ちもサポートしてくれました

有痛性外脛骨の整体の口コミ

16歳 女性 大阪狭山市 学生 バスケットボール部

症状

有痛性外けい骨

つち踏まずの部分が歩けないほど痛かった。

(過去の治療)
病院・整体

(今までの治療との違い)
全然痛くない。
毎回、症状の確認を具体的に聞いてから治療してくれた。

整体の感想

最初は他の治療院の様に全然痛くないし、

痛めている所と違うところをさわっていたので、

本当に治るのか心配やったけど、通っているうちに初め出来なかったジャンプも出来るようになり、

いつまでに治そう!という目標の日にちまでもしっかりきめてくれ、

自分も早く治したいと強い気持ちにしてくれました。

おそい時間まであけてくれたので部活をしている私にはとても助かりました。

本当にありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)

続きを読む


※効果には個人差があります


有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)とは?

内踝(うちくるぶし)の下の舟状骨という骨が出てきて痛みが出ます。
小学生~高校生の走るスポーツをしている子に多く発症します。
過度のスポーツで後脛骨筋のオーバーユース(使い過ぎ)が原因で起こると言われています。
足首の捻挫によって発症することもあります。


外脛骨って?

舟状骨の内側後方に位置する普通にはない余分な骨(過剰骨)で、日本人の約15%の人に存在します。 外脛骨が存在しても痛みのない場合も多く、痛みがあるものを『有痛性外脛骨』と言います。


有痛性外脛骨の原因

偏平足、回内足(足首が外返し)があると舟状骨に付着する後脛骨筋が牽引されます。 その状態で過度な運動を行い、繰り返し牽引をかけていると外脛骨に負担がかかり剥がれるようになり炎症を起こします。

有痛性外脛骨の整形外科での治療法

  • 安静の指導
  • インソールやサポーターの装着
  • 湿布
  • 痛み止めの薬
  • アイシング
  • 温熱療法
  • ストレッチの指導
  • タオルギャザーのトレーニング

保存療法で改善しない場合は手術で外脛骨を摘出します。

堺自然整体院の有痛性外脛骨の考え方

外脛骨があるから痛む?

生まれてから10年以上外脛骨があっても痛くなかったはずです。
15%の人に外脛骨が存在しますが痛みを発症する人はごく一部です。
→外脛骨がある事が痛みの原因とは考えられません。

堺自然整体院が考える有痛性外脛骨の原因

過度の練習

毎日過度な運動を行うと疲労回復できずにオーバーユースを起こします。

悪いフォーム

間違ったフォームは体の一部に負担をかけ故障の原因になります。

メンテナンス不足

運動後にストレッチ等のケアをしないと疲労が蓄積します。

姿勢の悪さ

普段の姿勢の悪さが体の歪みを作り、疲労しやすい体になります。

筋肉の固さ

筋肉が固い人の方が疲労を溜めやすい傾向があります。 

環境

固い地面や合わないシューズ等は体に負担をかけます。

有痛性外脛骨はオーバーユースによって下半身の様々な筋肉が疲労して固く緊張して、結果的に舟状骨に負担がかかっています。
一般的に原因とされる後脛骨筋を緩めても簡単に痛みが取れない事が多いのは他の原因が取れていないからです。

疲労の原因には普段からの姿勢が悪い場合もよく見られます。
捻挫を機に発症した場合などは足関節等の骨格のズレも原因の一つになります。

痛い場所はあくまでも結果的にひずみが溜まった場所であって、原因ではありません。
原因さえ無くなれば痛みのある場所は触らなくても痛みは無くなります。

外脛骨が有るから痛いのではありません。
元々から外脛骨は存在していて、以前は痛くなかったはずです。

偏平足や回内足も以前からその形だったのではないでしょうか?
外脛骨を治療するのではなく、外脛骨に負担をかけている原因を解消しましょう。

現代医学の考え方とは違うので「?」と疑問を持たれる方もおられるかもしれませんが、一度施術を受けて効果を実感していただければ、きっと納得してもらえるはずです。

有痛性外脛骨の施術内容

なぜ堺自然整体院では多くの有痛性外脛骨を改善できているのか?

人によって様々な原因があるので、一人一人に合わせたオーダーメイドの整体で施術するからです。
施術では痛い事や無理なことは一切行ないません。

疲労で固くなった筋肉をリセット

有痛性外脛骨は筋疲労が痛みの大きな原因になっています。
疲労で固くなっている筋肉を様々な技法を使って調整します。

痛い場所以外の原因もリセット

有痛性外脛骨は痛みのある場所だけを調整しても治りにくかったり再発を繰り返したりします。
腰周辺の体幹部分の不調が痛みの元になっているケースが多いです。
堺自然整体院では痛みの根本原因から解消していきます。

背骨や骨盤の動きを正常にする

背骨や骨盤の歪み、膝の関節のズレがあると痛みに繋がります。
歪みや関節の動きを正常化して痛みの原因を取り除きます。
捻挫が関係する場合は足関節のズレもポイントです。
足底のアーチが影響しているケースもあります。

生活習慣を改善

有痛性外脛骨になる人は、運動のフォームに問題があったり、立ち方や座り方等の姿勢が悪く身体に負担をかけているケースが多いです。
再発しないために再発防止のアドバイスやセルフメンテナンスの指導をさせていただきます。


有痛性外脛骨の整体では、初回のその場で大幅な痛みの改善を実感していただけます。

有痛性外脛骨の通院期間

軽い人なら1,2回で完全に良くなる人もいてます。
通常は5回前後で回復します。
重症の人や腰などに深い原因がある場合は時間がかかる場合もあります。

通院間隔は週に1,2回くらいが目安で、回復を急がれる場合は詰めて通っていただいた方が早く回復します。

再発について

痛みが完全に取れ、私がOKを出した場合は多くの人は簡単には再発しません。
(稀にあるので絶対とは言い切れませんが)
その後の通院も必要ありませんが、ストレッチ等の身体のケアは毎日していると再発を防げます。

開業18年、プロにも指導してきた経験

整骨院や整体院の先生にセミナーで技術指導もしてきました。
多くの子供達をスポーツに復帰させてきた実績と経験を元に最短での復帰をサポートします。

有痛性外脛骨の施術の流れ

①カルテ記入
お名前、ご住所、ご連絡先、症状等を記入していただきます。
②問診
どこが、いつ、どうすると、どのように痛いかを詳しく聞いて痛みの原因を判断していきます。
日頃から自分の症状の変化をよく観察しておいて下さい。
③検査
背骨や骨盤等の身体の歪みや、どう動かすと痛いかをチェックします。
④施術
通常はうつ伏せ→仰向け、下半身→上半身の順に施術を行っていきます。
フワフワ、ユラユラとしたやさしい施術で痛みの原因や体の歪みを解消していきます。

施術は痛い事を一切行いませんので、少しでも痛みがあれば言ってください。
眠っていただいても結構です。
⑤痛みの確認
施術前にあった痛みが残ってないか確認します。
少しでも痛みが残っていたら遠慮なく言ってください。
⑥日常生活のアドバイス
慢性的な痛みは日常生活や仕事等の体の使い方が原因の場合が多いので、どうすれば身体に無理をかけないか、自分でできる自己療法も交えてアドバイスをさせていただきます。
⑦施術時間について
初回は説明や検査をしっかりするので、通常よりも少し時間がかかります。
(症状によりますが30分から1時間くらい)

有痛性外脛骨の施術料金

料金は全て税込価格となっております。

初回の人

6,000円

2回目以降

4,000円~6,000円

2回目以降はお体の状態によって判断させていただきます。
身体が良くなっていくにつれて施術時間や料金は少なくなっていきます。

はじめての方へ

インターネット限定割引
「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 072-243-2000 受付:9:00~13:00/14:30~21:00
休日:水曜、日曜、祝日
住所:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町1-75-13
最寄駅:JR阪和線 百舌鳥駅徒歩3分
地図・アクセス

症状一覧

当院について

外観

受付 9:00~13:00
14:30~21:00

休日
水曜、日曜、祝日

住所
大阪府堺市堺区
百舌鳥夕雲町1-75-13

最寄駅
JR阪和線 百舌鳥駅徒歩3分

地図・アクセス

気軽にご相談・ご予約ください

TEL 072-243-2000

無料相談メール

PAGETOP
Copyright © 堺自然整体院 All Rights Reserved.